消費者金融は生活保護を受けてても借りられるんでしょうか

消費者金融って、生活保護を受けてる人でも借りられるんですか?私じゃなくて、近所のおばあちゃんなんですけど、生活が苦しいって言ってるのを聞きました。生活保護だけじゃ足りないようです。そんな時に、消費者金融とかのCMを見て、借りられるのかなと言う話をしているのを聞いたので、どうなのかなって思ってます。

生活保護を受けてても借りられる消費者金融はあります

まず、生活保護を受けてる方は、消費者金融からお金を借りることが出来ないと言うのが本当の所です。

ただし、借りられる会社も中にはあるようです。大手の消費者金融などは、法律などをきちんと遵守して営業が行われている為、生活保護を受けてる方が大手の消費者金融からお金を借りるのはちょっと難しいようです。大手じゃない、所謂中小の消費者金融からは、お金を借りられる可能性があります。

中小の消費者金融は、一歩間違えると闇金であったりする場合もあるので、借りる時は充分注意が必要です。誰でも貸しますと言ってるような会社は、あまり信用しないほうが良いかもしれません。お金を貸すのに審査をしないで誰でも貸してくれると言うのは、考えてみたらおかしな話ですね。

貸したからには返済して貰わなければなりません。そういう会社は、どこか取れる所から取ろうと言う考えで、あらかじめ利息を高めに設定してる恐れもあります。法律で上限利息などはきちんと決められていますが、闇金などは法律で決められた上限利息を守らずに営業されてたりする場合もある為です。

生活保護を受けてる方で、どうしてもお金が足りないと言う方は、どこか公的な機関に相談してみると言うのも一つの方法です。どうしても消費者金融で借りたいと言うのであれば、中小の審査が甘めの所の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

借りる時に注意しなければならないのは、きちんと返済できる金額を計算して、その範囲内で借りると言うことです。毎月貰える額が一定だとしたら、毎月どれくらいまでなら返済できるか計算出来ますね。その金額までで借入することによって、その後の生活を圧迫しないで済むでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の申込みで無職なのにウソをついてしまったら

生活保護を需給中でも消費者金融を利用できるか

生活保護者の消費者金融でのキャッシングは禁止されているものの、現在利用者は少なからず存在しています。

さらにいえば生活保護を受給している最中は消費者金融以外にも銀行や信用金庫からも借り入れは禁じられていますが、それを承知で借りる人は最も敷居が低いという理由で申し込む人が多いようです。
(⇒申込みしやすい消費者金融の記事一覧はこちら

しかしこうしたものがあった場合ヤミ金と呼ばれる違法な貸金業者である可能性がすこぶる高いため決してお勧めできるものではありません。

厳密にいえば法律を違反しているヤミ金は消費者金融ではありませんが金融機関を装っています。特に生活保護中でも問題なく借り入れ可能ですと宣伝している業者はほぼ間違いなくヤミ金なのでできる限り利用はやめておいたほうが懸命です。

生活保護を受給している方でも冠婚葬祭等の事情でお金が入用になることがあるかもしれませんが、こうした際にはまずケースワーカーに相談することが大切です。

ケースワーカーとは保護受給者に対して様々な働きかけをする職員のことです。場合によってはソーシャルワーカー、地区担当員、現業員とよばれます。この場合お金が入用になった理由にもよりますが大体の場合数万円程度なら借りることが可能です。このときに借りたお金は毎月に支払われる保護費が差し引かれる形になります。

ただし中には受給者がバレないようにして禁じられている行為、例えばパチンコ等のギャンブルを利用している方がいたりしますがこうしたギャンブルや度が過ぎた遊びが過ぎてお金がなくなってしまうことがあるようです。

このような不正な理由の際にはまず融資を受けられることなくなります。家族や親戚といった身内に相談しても無理だった場合は残念ながら生活保護費ではない安定した収入を得るしか方法がありません。

キャッシングの場合消費者金融や銀行に関わらず審査が行われますがこの際に最も重要視されるのが安定した収入を得ているかどうかという点です。

所得の高さは限度額には密接に関わってくるものの審査の通過にはさほど重要ではありません。アルバイトやパートであっても安定した収入さえもっていれば借り入れを行うことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.