消費者金融の自営業の審査基準は厳しいか

キャッシングベスト3

消費者金融で借りるのに自営業の審査基準は厳しいか

僕は昨年、奥さんと二人で小さなレストランを開業しました。何とかお店もうまく回り始めたのですが、ちょっとインテリアなどに新たに手を加えたいんですよね。それでまとまったお金を借りたいのですが、銀行だとなかなかむつかしいと思うので、消費者金融はどうかと思ってるんです。

しかし消費者金融でも自営業の審査基準って厳しいですかね?なるべく早く借りたいのですが、やっぱり審査に時間がかかるのかな?

消費者金融なら自営業の審査基準も厳しくありません

自営業の個人事業主さんは本当に大変よね。会社やお店の資金繰りはとっても厳しいから、頭を悩ませている方は多いと思うの。でも銀行や公的機関では、融資の申し込みも手間が掛かるし、審査基準も厳しいのよね。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準に関するオススメ記事

それに融資まで時間が掛かるのもつらいとこだと思うわ。だからあなたの選択は正解よ。消費者金融なら手続きも簡単で、審査基準も厳しくないもの。何より申し込んですぐ借りれるのが助かるところじゃないかしら。

消費者金融の中には、個人事業主用のビジネスローンを扱っているところもあるの。しかも個人向けのカードローンとほとんど変わらない簡単・スピーディーな申し込みでオッケーなのよ。必要書類も通常の本人確認書類の他に収入証明書類とか、事業実態の分かる請求書や領収書なんかを用意するだけで、最短当日にも借り入れが出来ちゃうの。

個人向けのカードローンと変わらないでしょ?ちょっと余分に書類はいるけれど、公的機関のローンや銀行の融資に比べたら、必要書類は簡単に用意出来るのよ。

審査基準も公的機関や銀行に比べて厳しくないから、審査時間も短くて、必要な時にすぐ借りられるのも、自営業にとっては嬉しいところよね。あとね、何だったら普通に個人向けカードローンを申し込むって手もあるわよ。

カードローンは使いみち自由だから、別に事業用に使ったって問題ないもの。そんなに条件は変わらないから、そんな選択もありだってことも覚えておいてね。

【参考ページはこちら】
個人事業主でも借りられる消費者金融はある?

自営業の人が消費者金融に申込んだ際の審査基準

自営業の方が消費者金融でカードローン等を申込むと、会社員や公務員の方と同様に審査を受けます。しかしその際の審査基準については、会社員や公務員と言ったいわゆる勤め人の方とは少し違います。

どこが違うのかと言うと、自営業であることから、消費者金融の担当の方が勤め先の確認を取りにくいということです。店舗販売をしていたり、屋号をきちんと立てて商売をしている方ならば、電話帳や住宅地図などによってその屋号を確認することができますので、勤め人の方の場合の在籍確認に当る審査項目はすぐにパスすることができます。

しかし、殆どの自営業の方の場合は、仕事用の電話と自宅用の電話が兼用となっていることが多く、電話帳に記載がある場合でも個人名であったり、或いは住宅地図にも個人宅として記載されていることが多いのです。
(⇒消費者金融からの連絡に関するオススメ記事

例えば、個人で仕事を請け負っている大工さんや、運送業の方、或いは内職をされていたり、SOHO等を経営されていたりする方がこれに相当します。これでは、お金を貸す側としては、本当に商売をしているのかどうかを確認することができません。

このような場合でも、確認しようがないから審査にパスしないと言うことはありません。電話帳や住宅地図で、商売していることが確認できない自営業の方の場合には、消費者金融の担当の方は、宅急便などを装って近隣の住宅に電話をし、申込者宅が本当に何らかの商売を行っているのかどうかを確認します。大工さんであったり運送業であれば、ご近所の方も知っていることが多いので、これで確認が取れれば、審査はパスします。

しかし、この方法でも、SOHO等を経営していたり、内職をしている場合には、近隣の方もご存じないことが殆どです。そのような場合には、確定申告書の控えや営業許可証など、本当に商売を営んでいることを証明する書類を確認することで、審査をパスすることになります。このように、自営業の方の場合には、勤め人の方の場合と審査基準が異なるので注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.