消費者金融会社から自宅に郵送物が届く?

キャッシングベスト3

消費者金融会社から自宅に郵送物が届く事はありますか?

自宅に銀行から郵便物が来ているのを見たことがあります。金融機関から時々連絡が来るのは何気なく目にしてきたので普通だと思うんですがカードローン会社から郵便が来たら、カードローンの要件だとすぐに解ってしまいますよね。

だから消費者金融会社のカードローンを申し込んだら、自宅に郵送物が来るんじゃないかと思ってちょっと心配です。消費者金融会社のカードローンを申込んだら自宅に郵送物が届く事はありますか?

カードローン会社から自宅に郵送物が来る事はありません

カードローンといってもいろいろあります。例えばクレジットカードなどもカードローンの一種です。クレジットはショッピングの立て替え払いですから月々の利用明細書が自宅に送られてきますが、キャッシング専用のカードローンではそう言う事はありません。

ですからカードローンの利用明細書を欲しいという方は、ご利用の都度発行されるレシートを保管して記録しておく必要あがります。

またカードローンの全取引の履歴が知りたい場合はカードローン会社に取引記録を送ってもらうよう申込めば取引開始から現在までの全記録を送って貰う事が出来ます。自宅への郵送物を気にされているようですが、カードローンの場合は特別な手続きをしない限り自宅への郵送物が送られて来る事はありません。ただし例外もありますからその事をご説明しておきます。

特別な手続きをした場合というのは、最初に申し込んだ時に自宅に郵送してくれるように手続きをした場合です。この場合は当然自宅に送られてきます。一番多いのが電話か郵送で申し込んだ場合です。そしてその後の契約までのやり取りを郵送でする場合は当然自宅に送られてきます。
(⇒郵便物の送付なしで借りられる消費者金融はどこ?

また郵便でなくても最初に申し込んだ時に、連絡先を自宅の固定電話にした場合は、なにか連絡事項があれば自宅に電話が掛かって来ます。通常カードローンの場合は、携帯電話を連絡先に指定するのが一般的です。

なお最初に申し込んだ時にはカードが発行されますからその点だけを注意すれば大丈夫です。カードの受け取りを自宅以外で受け取る方法で申し込むようにして下さい。キャッシングを銀行振り込みにしてカードを発行しない方法もあります。でもカードはあった方が、旅先で急にお金が必要になった時など直ぐにATMでキャッシング出来ますからカードはあった方がいいと思います。

もう一つの例外は返済遅延などをした場合です。それでも基本的には携帯電話での連絡が来るのが基本です。ただし返済遅延が繰り返されると自宅に電話が掛かって来たり郵送物が送られて来ます。

つまり基本的には契約者が依頼するか、よほどの事が無い限り自宅には連絡しないようなシステムになっています。そう言う訳ですので安心してお申し込みください。

なお、それ以外でも不安な事があれば申し込もうとするカードローン会社のコールセンターに問い合わせをすれば丁寧に教えてもらえます。(こちらもご参考に→消費者金融のQ&A集はこちら

【参考ページはこちら】
消費者金融からの連絡に関するおすすめ記事

消費者金融からの借り入れで郵送物が家に届くか

消費者金融で借り入れするにあたって多くの人は家族にバレることなく利用したいと思っています。金融業者もたくさんありますが必ず届くところ、普通に利用しておけば届かないところ、それから住所確認を兼ねて必ず郵送物を送ってくるところがあります。
(⇒消費者金融からの郵便物を一切なしにしたい!

また必ず郵送物を送りつけるところでもメールや電話で郵送してほしくない旨を伝えることで郵送を免除してもらえる場合があります。郵送物を届けないところ、電話をかけてこないところも現在ではたくさんありますが、そうしたところでも返済期日を過ぎてるにも関わらず返済していない場合には多くの場合請求書等が送られてくるか、もしくは電話などで催促されます。

また、現在貸金業法の改正されたことで返済時には必ず消費者金融の利用者全てに必要事項を伝えなければならないことが決められています。伝えなければいけない内容も貸金業法によって細かく指定されており、貸金業者の名称や住所に契約年月日等たくさんの項目が設けられいます。

しかしこれらの項目は現在ATMの印字にて利用者に伝えるようになっているため返済のたびに利用者の家に書類が届くということはありません。昔はATMに多くの文字を印字できないものが主流でしたが最近のATMであれば全ての項目をATMの印字にて利用者に伝えることが可能です。

利用する消費者金融にもよりますが基本的に提携先のATMやセブンイレブンのATMであればまず大丈夫です。また、多くの文字を印字できない古いタイプのATMはそもそも利用不可能にしている場合もあります。

とにかく心配なようであれば事前に電話やメールで問い合わせをしておくことが重要です。本来なら郵送物を送る貸金業者にしても事前に相談することで免除してもらえるところが多く存在します。

店舗を設けていない消費者金融の場合だと契約書のみ自宅に郵送することが定められている場合がありますが、送られてくる封筒の差出人には提携先の銀行名やそもそも差出人を書かずに送られ来るため、家族にバレずに利用することが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.