消費者金融の審査申込みはバレないのか?

キャッシングベスト3

消費者金融の審査申込みはバレる心配はないのでしょうか?

消費者金融の会社も銀行も同じような商品を扱っています。例えば、カードローンはその代表です。昨今では大手の消費者金融では住宅ローンや自動車ローンなどの、まさに生活に必需というローンも扱っているところがあります。将来的にいずれかを利用するかもしれないと考えていますが、消費者金融の審査はバレる心配などはないのでしょうか。

あらゆる場面で、利用される方の情報は慎重に扱われています

個人情報の重要性が特に認識されるようになった昨今では、利用される方の情報は細心の注意の元、慎重に扱われています。法令に定められた規定よりも厳しく臨んでいる、と言っても過言ではありません。また、法令等に規定によるものではなく、消費者金融の会社の気配りなどによる工夫もいろいろなことがなされています。

例えば、審査で在籍確認の電話をかける際は会社名を使わず、個人の名前を使います。電話の内容についても、在籍確認の段階では審査のことには触れられないので、他の方が電話を取られても心配はありません。

審査に通って、借入れ返済が始まった後の連絡などはメールが用いられるケースが多く見受けられます。また、郵送物を送付しない会社もありますし、ある会社でも封筒などには社名をイニシャル表記にしておいて一見、何の会社なのかわからない、というところもあります。

こうした取り組みは利用者の方と心のこもった気持ちの良い付き合いを長く続けていきたいという理念の表れでしょう。

【参考ページはこちら】
契約しやすい消費者金融会社を教えて!

消費者金融の審査の注意点・嘘はバレると思っておいたほうがいい

日常生活の中で、お金が足りなくなってしまい、困窮することは誰にだってありうることです。このような場合に消費者金融などのキャッシングのお世話になって、お金を借りることは決して悪いことではありません。

しかし、余りにも切羽詰ってしまい、キャッシング審査に通りたいと思うがあまり、審査で嘘をついてしまう方がたまにいらっしゃいます。

特に多いのが、他社での借入であり、つまりは他に借金があるにもかかわらず、借金はありませんと申告したり、またはその借金額を少なく偽って申告するなどの行為です。

しかし、このような虚偽の申告をした場合でも、まずこのような嘘はバレると思っておいたほうが賢明です。

銀行などはもちろんですが、消費者金融のキャッシング審査であっても、必ず個人の信用情報は閲覧されます。つまり、誰がいくら借金をしているのか、閲覧情報がありますから嘘をついてもその嘘はすぐにバレてしまうのです。

また、年収などで嘘をついたとしても、収入証明書の提出を求められればその嘘もいずれはバレるわけですし、その他の項目についても嘘がバレない保証はどこにもありません。

そして、その嘘が例えばれずに審査に通過したとしても、その時はそれでお金を借りられて助かるかもしれませんが、どこかのタイミングでバレてしまった場合には取引の停止、さらには今までの借金額の一括返済を求められることも十分にあるのです。

お金が足りないからお金を借りているにも関わらず、一括返済なんて無理と思われるでしょう。しかし、虚偽の申告をしてお金を借りてしまった代償ですから、債務整理や自己破産に追い込まれようとそれは自分の責任だということになってしまうのです。

つまり、お金を借りる場合には、虚偽の申告は大変危険だということです。この点はしっかりと頭に入れて、嘘をつくことなく審査の申告は正直にするようにしましょう。また、計画的な利用を心がけることもとても大切です。
(⇒安心・安全に消費者金融を利用するには

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.