海外キャッシングの上限って?海外だとキャッシングできないの?

海外キャッシングの上限って?海外だとキャッシングできないの?

先月、どっさり休暇を取ってセレブにハワイまで海外旅行に行ってきた私の友達から聞いたんです。実は彼女、友人の私が言うのもなんですけどすごくショッピングが好きで、一緒に買い物に行くと一度にたくさん買い込んでしまうタイプ。

初めての海外旅行だからはしゃいでしまったようで、気がつけば手持ちの現金が厳しい状況になってしまい、いつものカードでキャッシングをしたそう。でも、何故だか数万円程度しか引き出せなかったそうなんです。凄く困ったわ、なんて笑ってました。

海外キャッシングがどうのって言ってましたけど、これって一体どういうことなんですか?

海外でキャッシングする際はご注意を! 上限がある場合が多いんです

海外旅行、良いですね! 私は仕事が忙しくてなかなか時間が取れないのと、どうも一人で行く勇気が湧いてこなくて、仕事帰りに海外旅行のパンフレットを眺めてニヤリ、なんてプライスレスな趣味で我慢しています。

海外だと日本では売っていない限定品のブランド物がふつうに売られていたり、現地でしか手に入らないモノをお土産に、自分へのご褒美に・・・なんて考え始めると止まりません。

だからこそキャッシングが心強い旅行の味方になってくれるのですけど、実は海外でのキャッシングって、制限がけっこうあるんです。海外キャッシングの上限なんて話、聞いたことはありませんか?

国内にずっといる場合はあまり関係ないことなのですが、実は、各社が提供しているキャッシングカードには、海外キャッシングの場合は上限が決まっていたりするんです。

日本人なら誰でも知っている、超有名な銀行系のキャッシングカードでも、国内だと限度額が数十万なのに、海外キャッシングでは上限が5万円と定められていたりします。

えーっ、たったの5万円で、せっかくの旅行を楽しめって言うの!? なーんて思ってしまう気持ちはごもっともなのですが、これには法律の改正やらキャッシングを行っている会社側の都合やら、色んな思惑があるのです。

日本は何かと物騒になったとは言われますが、女性が一人で夜出歩けるくらいには安全な国です。ファストフードのお店やレストランなんかでも、良くバッグや携帯、お財布を置いたまま席を立つ人を見かけますよね。

そんなことができるのは日本くらいのもので、外国というのは基本的に自己責任が強い国ですので、荷物を置いて移動したりしないのです。なぜかって、置き忘れたものなんて一瞬で盗まれてサヨナラしてしまうから。

特に、日本人旅行者はお金を持っていると思われがちですので、海外旅行に行って現地でカードを盗まれてしまったり、どうかすると脅されてカードを奪われたり、無理やり暗証番号を聞き出されたりするのです。

そんな訳で、キャッシングを提供している会社としては、不正利用や犯罪に巻き込まれて補填しなければならないことが多く、それでは採算が取れないので、海外キャッシングでは小口の現金しか引き出せないようになっています。

今はクレジットカードもありますし、できればキャッシングを使って現金を持ち歩かないようにした方が安全です。ある意味では、こうした海外キャッシングの上限というのは、皆さんの身の安全と会社の利益、両方を守るための仕組みなのです。

キャッシングも海外旅行も、衝動的な使い方はほどほどに、計画的に利用して楽しみましょう。

海外キャッシングをする場合、利用枠の上限を引上げることができる?

海外旅行に行くと決まったら、現地での買い物にケチケチするのは嫌ですよね。せっかくの海外、欲しいと思ったものは全部買いたいくらいです。その分、日本で切り詰めた生活をしている人も多いことでしょう。しかし、海外までの旅費に貯金を使い果たして、お買い物まで手が回らないという方も多いはず。そんな時に頼もしいのが”海外利用可能枠増額サービス”の類です。海外でお買い物をする時だけ利用可能額を増額してくれるサービス。あなたが持っているクレジットカードも増額できるか確認してはいかがですか。

さらに、海外でのキャッシングも大手のクレジット会社のカードなら可能です。こちらの増額は消費者の現状によってさまざまですから何とも言えませんが、クレジットの増額をしてもらっておけば、現金はそう持ち歩かなくて済みますのでキャッシングの増額より、クレジット枠の増額の方が賢明かと思われます。そして、銀行口座に自分の預金がある方は、その預金を海外で、かつ、海外通貨で引き出すことができます。国によって事務手数料が必要なところもありますし、換金手数料はどこの国でも必要になりますから、日本とは少々勝手が違うことを頭に入れておきましょう。

また、1回の利用限度額というものがあり、アメリカなら1回200ドル~500ドル、日本円で2万円~6万円程度、フィリピンでは7千円~2万円程度など、国によってさまざまです。日本ほど治安がよく便利な国はありません。日本と同じ感覚で全てを考えていては、楽しいはずの海外旅行も不満だらけのものとなてしまいますので気をつけましょう。また、この現金の引き出しや換金、限度額などの内容は、その国の利用銀行でしか確認する術が無く、日本で確実な情報を得ることは難しいでしょう。ただ、現地に行ったことのある人で実際に利用していた人に聴けるなら大丈夫だと思われますが、数か月前からは状況が変わっているということも海外ではよくあることです。”絶対”は無いと思って気持ちをフラットにして出かけるとなんでも楽しめるのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.