消費者金融を使うために必要な物について

キャッシングベスト3

消費者金融を使うために必要な物は何?

今度、消費者金融に融資を申し込もうと思っています。お金がかかるイベントが続くときに、カードを持っていると安心かな、と思ったのです。でも、初めてのことなので、何をすればいいかさっぱりわかりません。そこで、さしあたって用意しないといけないものを教えてください。そのときのポイントもあわせて教えてくださると助かります。

絶対必要なのは、身分証明書です

初めて消費者金融を使う人は、誰でもこんな疑問を抱いたことと思います。「消費者金融を使うには一体何が必要なの?」と。そこで、消費者金融を使うにあたって最低限必要になるものをご紹介いたします。

まず、どの会社でもかならず必要になるのは、「身分を確認できる書類」です。一番信用度が高いのは、やはり運転免許証ですが、中には運転免許証を持っていない人もいるはずです。
(⇒身分証明書だけで利用できる消費者金融もある?

そういう場合は、健康保険証やパスポートなどを使いましょう。また、身分証明書に記載された住所と現在住んでいる住所が異なる場合は、現住所が確認できる書類も必要になります。公共料金(ガス、電気など)の領収書や、社会保険料の領収書、税金の納付書などがこれにあたります。次に必要になるのが、収入を証明する書類です。

貸付金額や他社での借入状況によって異なりますが、大きい金額を借りようとする場合はまず必要になると考えましょう。大まかな目安としては、「借り入れる金額が50万を超える場合」や「他社との借入の合計金額が100万を超える場合」に必要になることが多いようです。

この場合、納税証明書や源泉徴収票などを用意すれば大丈夫です。最後に、借入れたお金を返済する時、口座振替を使う場合は銀行の口座がわかるもの(カード、通帳など)が必要になります。もちろん、銀行届出印も必要になります。

とはいえ、個々の借入ケースで必要なものは異なってきます。まずは、申し込む時に何が必要か確認して用意しましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&A

消費者金融の借入に必要な物と借入前に行っておくべきこと

消費者金融でお金を借り入れる場合に、必要な物は何でしょうか。まず本人確認の書類が必要です、運転免許証がベストですが、保険証やパスポートでも構いません。基本的に借入は、本人でないと行えないので、必ず持参するようにしてください。

それから、収入証明の書類も必要です。勤めている場合は数か月分の給与明細と源泉徴収票、自営の場合は確定申告書のコピーを持って行くようにしてください。アルバイトなどで給与明細が発行されない場合は、給与が振り込まれる口座の通帳を持参しましょう。

専業主婦が夫の名義で申し込む場合に必要な物は、夫の本人確認や収入証明です。加えて、同意書も必要になります。また、年金は定収入とみなされますので、年金を受給している人が借入を行う場合は、年金受給証明書を必ず持参してください。

こういった書類は、窓口での申込の際に、所定事項を記入した申込用紙と共に提出します。最近では、消費者金融のキャッシングで、ネットや携帯から申込ができるものもありますが、この場合は、FAXやアプリを利用して送付します。(こちらもご参考に→消費者金融の申込みに関するオススメ記事

また、一部の消費者金融では、収入証明の提出が必要でない所もあります。ですから、急にお金を借りることになったけど、生憎収入証明を持ち合わせていないような場合には、こういう業者を利用するといいでしょう。

ただし、通常は収入証明が要らなくても、たとえば、在籍確認をしないでほしいといったような場合には、勤務先確認のため、収入証明の提出を求められることがあります。このような場合は、自分が借り入れたいと思う業者のHPなどを、事前に見ておくのがいいでしょう。

それから、消費者金融で借入をする際には、もう1つ事前に行っておいた方がいいことがあります。それは、他の業者からも借入を行っている場合の、借入額のチェックです。なぜかといいますと、今の消費者金融は総量規制があるため、年収の3分の1以上の金額の借入ができなくなっているからです。

初めて利用する場合はともかく、複数の業者から借り入れる場合には、上限額を超えないためにも、借入前に、金額をもう1度確かめることをお勧めします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.