消費者金融の審査で他社借入を黙っていたらどうなりますか?

年収240万円の正社員です。お金を借りられるのは年収の3分の1までらしいので80万円までだと思うのですが、既に2社から合計50万円の借入をしています。今度またちょっと都合があって、10万円ほど借りたいです。

でも両方とも限度額いっぱいなので、別のところに申し込むしかありません。申し込むときに、既にある借金を申告しなかったら、どうなりますか? 借金の片方はクレジットカードのキャッシングなのですが、それも黙っていたらよくないですか?

素直に自己申告した方が吉

他社借入は正直に申告してください。黙っていても、審査の際にわかってしまうことですから。申込用紙には他社借入を記入する欄がありますよね。借入があるのにそれを書かなければ、嘘をついた、騙そうとしたと思われて評価が下がるでしょう。

結果として審査に通りづらくなるだけです。クレジットカードのキャッシングも同じです。消費者金融や信販会社からもらっている限度額については、すべて申告しましょう。

ところで借りているのは消費者金融や信販会社だけなのでしょうか? 銀行や信用金庫には申し込まれていないのでしょうか。銀行や信用金庫は、総量規制と関係ありません。つまり年収の3分の1という規制がありません。(こちらもご参考に→総量規制に引っかかると消費者金融で借りられない?

給与振込口座にしている金融機関では、カードローンを扱っていませんか? 銀行というと審査が厳しいイメージでしょうが、以前から利用しているところなら案外簡単に借りられるかもしれませんよ。調べてみてください。

【参考ページはこちら】
消費者金融に年収証明は必要?

消費者金融を利用するにはできるだけ他社借入件数を減らす

消費者金融のカードローンはとても便利な金融商品です。急な出費でお金が必要な時は誰にでもあるはずです。親友から結婚式の招待状が届いたけど、祝儀袋に入れるお金がない、今月は飲み会が多くて、給料日までピンチなんてこともあるはずです。

そんな時に役に立つのがカードローンです。保証人もいりませんし、担保も不要で利用できるので、気軽に利用することが可能です。

申し込み先にもよりますが、基本的には当日に申し込みをして当日に利用できる金融機関が多くなっています。急いでお金が必要なので、審査もテキパキ行われるのです。その為、各社一定の独自の審査基準を設けているようですが、その内容は公表されてはいない状況です。

つまり、この審査に通過できれば誰もが利用できるのですが、残念な事に審査に通過できない人もいます。ローンの審査に通過できない理由はいろいろあるはずですが、その中でも多くの方が、他社借入件数の超過であることが理由となっています。借入件数、借入金額いろいろ審査されますが、金額よりも件数を重視しているのです。

申し込み方法にも注意が必要です。借入申し込みを短期間に3社以上申し込みをすると、多重債務と判断されることがあります。つまりブラックと判断されてしまい、門前払いされてしまうこともあるのです。 また、申し込みをしたら、次に申し込みをする時は6ヶ月以上間隔を空けることをお勧めします。
(⇒消費者金融の複数借入に関連した記事はこちら

その他にも、支払履歴で事故がある、あるいは勤続年数が3ヶ月未満であるなどいろいろな要素がからんでいることもあります。

これまで審査に通らなかったことがある人は、これらの原因に思い当たる節がないか、よく確認してみることが必要です。

審査の基準を知ることがカードローン利用の第一歩です。審査に通過できなかった理由を分析しないことには、次も同じことになります。金融機関は審査の非承認の理由は教えてくれないのです。その上で、非承認となる借入件数はできるだけ減らすことが重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.