消費者金融の利用申込み時の必要書類は?

キャッシングベスト3

消費者金融の利用申込み時に用意する必要書類は何?

以前、銀行のカードローンに申し込んだ時は免許証と健康保険証を提示しました。わりと簡単に手続きができた記憶があります。消費者金融のカードローンでも同じようなものでいいのでしょうか。

基本は同じ。他にはこんなものも用意しておくと良いかも

基本的に消費者金融各社においても、ローン申込み時の必要書類は同じような書類が必要です。ただし、契約額が高額になる場合は源泉徴収票や給与明細の提示を求められることがあります。具体的には一社あるいは数社の借入れ総額が100万円を超える場合。新規の申込みで50万円を超える契約を行う場合などです。

一般的に本人を確認するための書類としては、免許証、各種健康保険証、パスポートが代表的なものです。ただ、会社勤務の方の場合は審査の過程においてその会社に在籍していることを確認するために、社会保険の保険証を他の書類と同時の提示を求められることがあります。

また、免許証やパストートなどの住所が現住所と異なっている場合には以下の書類のうちのいずれかが必要になってきます。公共料金の領収書(電気・水道・都市ガスなど)、国税・地方税の領収書、納税証明書など。

さらに、消費者金融においても、事業者むけのローンを展開しているところもあります。そのような商品では前述の本人確認の書類に加え、確定申告書(個人利用)や決算書(法人利用)などが必要になってきます。

申込み手続き時の必要書類はいずれも日常のなかでわりと身近なものですので、わりと手軽に準備はできるように配慮されています。

【参考ページはこちら】
消費者金融の申込みに関するオススメ記事

消費者金融に申し込む時の必要書類はなにを用意すればいいの?

突然怪我をしてしまい、急に治療費や入院費が必要になることがあります。普段からいざという時に備えて貯金をしていればいいのですが、なかなか貯金ができないという人も多いです。周りにお金を貸してくれる人がいればいいですが、そんな人がまったく周りにいないという人は、金融機関などでお金を借りるのがいいでしょう。

最近は消費者金融も、コンビニのATMで気軽に借りたり返済できたりするので、若い女性にもとても借りる人が多いです。インターネットがあれば、わざわざ店までいかなくていいので、気軽に申し込めて便利です。消費者金融は審査がとても早いので、今すぐ借り入れが必要な人や、ハードルの高い審査に通る自信がない人にはとてもむいています。
(⇒消費者金融の審査基準ってどうなってる?

消費者金融に申し込むことが初めてだという人は、わからないことがたくさんあって、とても不安だと思います。保証人や担保、印鑑などは用意する必要がありません。必要書類は本人確認するものだけで大丈夫です。本人確認証は運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。外国籍の人は在留カードか特別永住者証明書が必要です。

もしも、引っ越しなどをしたばかりで、本人確認証と現在住んでいる住所が異なる場合は、住民票の写しや、公共料金の請求書、社会保険料の領収書などが必要ですので、前もって取り寄せておいてください。希望借入額が50万円以上になる場合や、希望借入額と他社の借入残高が100万円以上を超えた場合は、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などが必要となります。

必要書類を提出すると、審査になるわけですが、収入よりも勤続年数の長さが審査の対象になります。あまりにも勤続年数が短かかったり、転職ばかりしている人は、安定した収入が望めないので、審査に落ちることもあります。(こちらもご参考に→就職活動の資金として消費者金融を使いたい!

最低でも半年以上勤務してから消費者金融に申し込むようにしましょう。今までに返済が遅れたり、返済を滞納していたりする人も審査に落ちる可能性があるので気をつけてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.