年収関係なく借入出来る消費者金融はどこ

キャッシングベスト3

年収関係なく借入出来る消費者金融を探しています

あと5年で定年になります。今年、役職定年になり給料が大幅に下がりました。そんな時に限って、結婚式などで出費が増え、生活が大変です。

少し消費者金融でローン申し込みしようと思っていますが、年収に関係なく借入出来る消費者金融を探しています。

銀行系の消費者金融なら、借入できますよ

年収に関係なくという事ですので、総量規制対象外
のところで、借入したいという事ですよね。一般の消費者金融で借り入れする場合は、限度が設けられていて、年収の3分の1までの融資となります。

以前は、一般の消費者金融でも限度は設けられていませんでした。しかし、近年増加する自己破産、債務整理の数を減らすべく、総量規制という法律が作られました。それによって、借入審査が厳しくなりました。

自己破産や債務整理を減らすための法律が、消費者金融利用者を苦しめる結果になっています。総量規制を気にすることなく、借入したければ総量規制対処外のところで、申し込みすると良いです。

銀行または、銀行系の消費者金融が、総量規制対象外の企業になります。有名なところでは、大手のL社があります。ここは審査も通りやすく、オペレータの対応もすごく良かったです。

例えば、御主人の収入が安定していれば、専業主婦の方でも借入出来ます。申し込みから借入までを店頭に行く必要も無く、インターネットでも、電話でも対応しているので、お年寄りにとっては、便利だと思いますよ。

消費者金融は年収関係なく契約することができるか

消費者金融というのは街金とも呼ばれる金融機関のことです。銀行ではないと言うだけのことであり、提供している融資の形は銀行のサービスととてもよく似ています。

この消費者金融は銀行とは違い、貸金業法という法律によってその業務が規制を受けており、法律を無視した金利などを要求する闇金とは根本的に違う存在です。

しかしながら長らくあまり良くないイメージが継続していたため、今でもこの様な貸金業者と関わることに抵抗がある人は少なくないのが現状です。

この様な貸金業者は年収関係なくお金を貸してもらえるが、その代わりに極めて高利貸しであるという誤った情報を信じている人もいますが、実際には消費者金融には年収に取り取引制限が法律によって明記されています。

それは貸金業法における総量規制という法律であり、貸金業者は貸し手の年収の3分の1以上の貸し付けは行ってはならないというものがあるのです。そのためカードローンなどの契約をする場合にも収入を証明する必要があります。

例えば勤め先から発行される源泉徴収票は収入を証明するためには最適の書類です。これらを示すことで初めて契約をすることが出来るのです。

一方で銀行は例え年収が0の専業主婦であったとしても、配偶者の信用を担保にしてカードローンを契約することが出来る場合もあります。このように現在の消費者金融には銀行よりもある意味では厳しい条件が課されており、返済が不可能になるような多重債務状態を回避できるように法改正が繰り返されています。

銀行は他で借り入れがあれば基本的には貸し付けをしてくrないという仕組みで長くやってきていますし、消費者金融も今後は連帯保証人を要求せずに保証会社の保証で契約を勧めていくスタイルに切り替えていくことになります。

そのため返済能力のない融資希望者については借入を受けること自体が難しくなっていく時代になるでしょう。年収関係なく融資が受けられる合法なサービスは存在しないのです。

【参考ページはこちら】
消費者金融借り入れ、年収と手取りはどう違う?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.