消費者金融の審査で収入ごまかすとバレる?

キャッシングベスト3

消費者金融の審査の時に収入をごまかしたらバレるの?

消費者金融の審査の時に収入をごまかしたらバレるのでしょうか?どうしてこんな質問をするのかというと、最近収入証明書なしでも借りる事が出来るという案内をよく見かけます。会社への在籍確認は、自分の籍が会社にあるかどうかの確認だから年収は判らないと思います。

だとしたら全くのでたらめは良くないけど、多少年収を上積みしてばれないのなら、その方が利用限度額が高くなっていいと思うんですが、どうなんでしょう。ばれるものなんですか?

基本的に収入をごまかすとバレルという考えが正しいでしょうね

カードローンの審査で年収を不正に虚偽申告したとします。でも市役所や役場あるいは税務署や年金事務所などの公的機関では個人の年収は解っています。ご自分の年収を隠しても公的な行政機関では解っています。
(⇒消費者金融を利用する時に注意するべき年収のポイント

何を言いたいのかと言うと、カードローン会社が調べようと思えばいつでも年収は解ってしまうという事が言いたいのです。申し込んで来たお客に申告して貰うのが一番早いからそうしているだけです。

しかも信用情報機関にもカードローンの情報があります。貴方だけしか知らない情報なら黙っていれば誰にも解らないでしょうが、すでに市役所などの行政機関には貴方の年収の情報があります。バレルかどうかという質問でしたら遅かれ早かれ年収をごまかしている事はバレます。

問題はその後ですね。カードローンの契約は危うくなって解約にでもなったら信用情報は大きなマイナスになりますし、その後ローンも組めなくなる可能性もあります。

仮に、年収の修正だけで済んで、その時だけは事無きを得たとしてもカードローン会社からは信用を失います。そうなると増額の審査の時も影響が出てきます。年収をごまかしたのですから、次からは必ず収入を証明する書類の提出は不可欠になるでしょうね。

でも増額の審査も厳しくなります。ちなみに、たまに週刊誌や新聞で脱税で書類送検などと言うニュースが出ますが、やはり調べればわかるという何よりの証拠です。

善意に解釈してくれれば書き間違いで済ましてくれるかもしれませんが金額が違い過ぎると、それでは済まなくなります。カードローンは信用取引という事を考えれば、年収をごまかすという時点でアウトですね。ご自分の登録情報は正しく正直に申告しないといけません。

その方が何かあった時に好意的に対処して貰えますから結果的にその方が得ですね。年収を50万ごまかしたからと言って利用限度額がそれほど大きくはなりません。ですから年収をごまかすなどというのは絶対やらない方がいいです。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査基準に関するオススメ記事

消費者金融は絶対に収入バレる!嘘の申告はデメリット!

消費者金融へ申し込みをするときは嘘の申告はデメリットなのでやってはいけません。特に審査に合格するためには年収情報が非常に重要なので、少しでもよい評価を得るために嘘をつきたくなる項目でもあります。しかし、審査において絶対に収入バレるのでこれは覚えておくとよいです。

どうして収入がばれるのか説明しておきますと、申込時は収入証明を提出することになります。収入証明は給与明細や源泉徴収であり、こうした書類を用意できない人は確定申告を用意します。これらの書類を提出して申し込むので必ず収入はばれます。

そのため、嘘の申告から申し込んでも書類から確実に収入を把握されて、嘘をついたことで信用を落とすので大きなデメリットになります。

例外として、銀行系の消費者金融や銀行ならば収入証明不要で申し込むことができるので、この場合なら収入はばれません。(こちらもご参考に→みなと銀行系列の消費者金融ってないの?

収入がばれないというよりも、そもそもこうした会社は収入が低い、または収入がなくてもしっかりと返済できるであろう限度額に設定されているので、審査において年収は問われません。自分の収入に自信がない人は収入証明不要で申し込むことができる会社を選ぶと良いです。

収入証明不要で申し込める限度額は大抵50万円であり、大きくても100万円です。しかし、安定した収入があることが前提だったりするので、必ず申込み前に利用条件を確認しておくことが大切です。銀行系の消費者金融で収入証明不要を利用するときは在籍確認がしっかりと行われるので、勤務先がない人や無職の人は注意しておきたいものです。

逆に銀行だと口座を開設している場合など確認作業がないケースがあるので、かなり簡単に借りれる銀行もあります。また、銀行の中には収入証明不要で限度額100万円以上提供しているところもあるので、この内容で申し込むときは銀行のほうが有利だといえます。

申込時の様々な情報というのは書類からしっかりと確認されることを覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.