学生は銀行でお金を借りることができるか

キャッシングベスト3

学生でも銀行でお金を借りることはできるの?

学生でも銀行でお金を借りることはできるの?

どうも、初めまして。今、大学に通っているんですけど、理系の大学なので実験が忙しく、アルバイトなどで生活費を工面することができません。

なんとか実家からの仕送りでやりくりしていますが、急な出費があるとどうしても対応することができず、これまで泣く泣く諦めることが多かったんです。

でも、今度の大学の卒業旅行のためにどうしても一時的に資金が必要で、困っています。消費者金融からお金を借りるのは何だか怖いし、どうせなら信頼できる銀行から借りられたらと思うのですが、学生でも銀行でお金を借りることはできるのでしょうか。

大丈夫! 学生でも銀行でお金を借りることは十分可能です!

まだまだ社会に出たことのない学生さんにとって、お金を借りる最初の一歩ってなかなか踏み出せないものですよね。それは決して悪いことではなく、慎重でリスクコントロールに長けているということなのです。

ですが、学生の内でも、そして社会人になってからでも今懐が寂しいのに、お金が必要! なんてことが良くあります。そんな時のための予行演習をするとでも思って、今回は銀行でお金を借りる、ということについて学んでいってくださいね。

学生さんが銀行でお金を借りる、という選択肢が出てくるのは、非常に素晴らしいことですね。何も考えずにパカパカと魔法のカードのようにカードローンを繰り返し、結果的に退学してしまう学生さんも世の中にはたくさんいますから、堅実な選択だと思います。

とはいえ、本当に銀行から学生がお金を借りることができるのか? 心配ですよね。大丈夫です、ご安心ください。

世の中の金融機関にはたくさんの種類があって、中には学生ローンと言って、学生だけを対象に融資を行っている金融機関もあります。ただし、そういうところはちょっと怪しいと思ってしまうかもしれません。

そんな中で、学生さんが銀行からお金を借りる手段というのは、大きく分けて二つあります。いわゆる学資ローン、教育ローンというやつと、カードローンのどちらかです。

学資ローン、教育ローンと呼ばれるものは、主に、生活費というより、学費の工面に困っている学生さんに、授業料などを貸し付けるローンです。多くの場合、きっちりと手続きをし、連帯保証人もつけて、毎月一定額、大学に通う期間で学費をそのまま工面できるようになっています。

ですが、こちらのローンは手続きも大変で、しかもいますぐ手元にお金が入る、という性質のものではありません。そこで、今回ご紹介したいのが学生向けのカードローンです。

カードローンというと、消費者金融がやっているイメージがあるかもしれません。ですが、実際には超大手の有名銀行も、大抵どこでもカードローンを行っているのです。

中でも、学生向けカードローンをうたっているところだと、最大のキャッシング金額そのものは少々低めに設定してあるものの、審査も比較的緩めですぐお金が手に入る。そういうシステムになっています。

無収入の学生でも、学生であれば借りることができるこのシステム、不思議ですよね? 実は、学生というのは実質的にまだ親の庇護下にいる存在ですので、親が子供を大学に行かせることができる程度の収入があることから、金融関係の信頼度は結構高いものなのです。

むしろ、大学を卒業したての新卒サラリーマンより、学生の方がクレジットカードの審査に通りやすかったりします。ちょっとびっくりですよね。そんな訳で、心配せずとも簡単な手続きで銀行からお金を借りることができるのです。

銀行でお金を借りる場合、何か注意することはありますか

銀行で融資を受けたいと思ったとき、注意することは審査のために抜かりはないか?ということです。一度審査を受けて落ちると、審査を受けたけど落ちているという情報が残ります。それを避けるためには、自分が知らない間に誰かの保証人になっていないか?返済し忘れている借入は無いか?自分の収入は安定しているか?今の仕事は就職してから2年以上経っているか?今の職場の経済状況は悪化していないか等々を知ることが大切です。

保証人の件は、自分の身分証明書を勝手に家族に持ち出され、知らない間に保証人になっていたなどということもよくある話です。これは、本人が知らないだけで信用情報機関にはその情報がいきますから、本人がわからないだけで保証人になっているから審査には通せない。という判断が下ります。しかし、審査落ちの理由など融資依頼先は教えてくれませんので、本人だけがなぜ?ということになるのです。審査落ちの実績を作らないためにも、審査の前に自分のことをチェックしてみてください。万が一知らない間の保証人の事実がわかったとしても、勝手に保証人にされていたのだから自分は悪くないという訴えは通用しません。自己管理の甘い人としてみられるだけです。

さらに、盲点となるのが自分の勤めている会社が経営の危機にあり、社員はそのことを知らないが社会は知っているという場合です。これは何とも悲しい現実ですが、やはりそのようなことで審査に落ちるということも稀にあります。そして、これはみなさんご存知の通り、過去5年から10年の間に破産などをしていないかということです。携帯電話料金の滞納も注意しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.