無収入では消費者金融で借入は難しいか?

キャッシングベスト3

無収入になったら消費者金融でも借りるのは難しいですか?

結婚して専業主婦になります。無収入になるのですが、今までカードローンの契約とかは全然やってません。クレジットカードだって、今後継続利用がどうなるのか…何かあった時の備えはどうしようかと考えているのですが、一般的に消費者金融会社は借りやすいと言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

消費者金融の専業主婦の方を対象とした規定と傾向はこちら

貸金業法が改正されて消費者金融会社から個人の借入れは年収の3分の1を超える借入れができなくなりました。これは個人の年収という捉え方になるので、パートやアルバイトなどをしていない専業主婦の方の場合、基本的に借入れはできません。

しかし、配偶者とあわせた年収の3分の1の貸付け(貸金業者にとって)が例外規定の配偶者貸付けです。夫婦合算で年収の3分の1と捉えます。

この場合、配偶者の同意と配偶者であることを証明する書類の提出が必要になります。現在、HP等で配偶者貸付の実施が確認できるのは「ベルーナノーティス」(埼玉県:関東財務局登録の会社)、「エレガンス」(静岡県:静岡県知事登録の会社)などがあります。

この他にもレディースローンを中核商品にしている会社は気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。

また、主婦の方の消費者金融会社からの借入れについては、決して多くはなくともパートやアルバイトなどで収入がある場合は申し込むことができる機会はとても多くなります。

【参考ページはこちら】
消費者金融と年収に関するおすすめ記事

無収入で消費者金融から借りることはできる?

無収入とは一切収入がない、所得がないということを言いますが、この状況で消費者金融からお金を借りるにはかなり難しいです。まず、消費者金融からお金を借りるためには2つのポイントがあるので知っておくとよいです。

基本的に申し込みをするときはほとんどの会社で収入証明が要ります。これは給与明細など書類から収入を確認するというものです。これがなければ申し込むことができない会社が多く、一部の会社では収入証明不要でも申し込みできるところがあります。
(⇒身分証明書だけで借りられる消費者金融もある?

無収入の場合は会社や企業との雇用関係がないので給与明細や源泉徴収がありません。つまり、収入証明を用意するなら確定申告が必要です。しかし、これを用意して申し込みをしても結局は年間の所得がないので審査で落ちます。

収入証明不要の会社なら審査で年収は問われないので合格率はかなり高くなります。しかし、消費者金融にある収入証明不要というのは前提となる条件として安定した収入があることと記載されている会社が多いです。つまり、収入がそこそこあるなら身分証明だけでいいですよという内容です。

この内容で申し込む場合は安定した収入が在籍確認から判断されます。在籍確認とは勤務先に在籍しているかどうかを確認する作業であり、電話などから確認することが多いです。

この在籍確認は無収入の人の場合は勤務先がないので、申込用紙に記載するときはなし、または自宅となるはずです。自宅ならば個人事業となりますが、個人事業なら少なからず収入があるはずです。

上記のように無収入で消費者金融から借りることはかなり難しいです。逆に無職で収入がある人のほうが遥かにお金を借りやすいです。

まったく収入がない人で専業主婦の場合は夫の収入を利用して申し込むと簡単に借りれるので覚えておくと便利です。在籍確認がなく収入証明不要の会社を探すことで、かなりお金を借りやすくなるので参考にしながら消費者金融を探してみるとよいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.