消費者金融落ちる人って人間として恥ずかし

キャッシングベスト3

消費者金融落ちる人って人間として恥ずかしいですか

単刀直入にお尋ねします。消費者金融落ちる人ってやっぱり人間として恥ずかしいんでしょうか。僕は今現在25歳で未だにアルバイトをしています。なかなか自分が働きたいと思う職場に巡り合えず、アルバイトをしながら生計を立てている状態です。消費者金融には2件、借り入れがある状態なんですが新規で3件目の申し込みをした時に断られてしまいました。

インターネットなどの掲示板を見ているとみんな、5件借りたとか6件借りたなんて書き込みが結構あったりして、その時に自分は2件しか借り入れが出来ない状態なんだと落ち込んでしまいました。

ネットの書き込みの中に3件以下の申し込みであるのに断られるのは超恥ずかしい、それは負け組だっていうレスポンスが付いているのを見て、悲しくなってしまいました。ちょっとしか借り入れしていないのに消費者金融の審査に落とされることはやっぱり恥ずかしいことなんでしょうか。

総量規制に引っ掛かったら借り入れすることは不可能です

年収が低ければそれだけ借り入れ出来る金額が少なくなってしまいますよね。総量規制というものがありまして年収の3分の1以上の借り入れは基本的に出来ないようになっています。

アルバイトなど正社員に比べて年収が少ない場合はどうしても借入金額というのは少なくなりますし、それに応じて借入件数も少なくなってしまうのは当然です。
(⇒消費者金融を利用しやすい職業ってある?

それぞれの年収に応じて、借り入れが出来るか出来ないか決まってきますので、たくさん借り入れ出来なかったから恥かしいとも言えないと思いますよ。

一番恥ずかしいのは、借金を繰り返し揚げ句の果ては結局払えなくなることだと思います。年収が低くても自分の仕事に誇りを持って働いている人もたくさんいます。それはとても尊いことです。消費者金融に関してはきちんと返済をしていて信用取引きが出来ているのならば、そこに勝ち組負け組なんて基準はありません。

【参考ページはこちら】
消費者金融の申込みで年収を聞かれる意味とは

消費者金融落ちる人って何が原因なのでしょうか?

私たちが生活していくためにお金は絶対に必要なものです。小さな出費以外にも、生活していれば当然大きな出費もあります。突然家電が壊れて買い替えなければならなくなったり、家具を購入したり、冠婚葬祭、子供の教育費などその出費はとても大きく、貯えがない限り消費者金融などから借り入れをするしか方法はありません。

その際に避けて通れないのが審査です。審査の基準はその会社によって違いがあり、審査に通らなかった場合でもその理由は教えてもらうことはできません。では、消費者金融落ちる人ってどのような理由で通らないのでしょうか?

一般的に共通して言えるのが、信用情報の問題です。信用情報とは、過去に借り入れをした時の返済状況や、きちんと完済したのかという情報で、借り入れ当時に返済が滞っていた。

または、返済しきれずに自己破産してしまったなどの金融トラブルを起こしてしまった過去がある方は、信用情報があまりよくないということで、融資を断られる可能性が高くなります。

しかし、このような過去を持った方でも、このような情報は5年から7年で消えるので、自身の情報が残っているのかを信用情報機関に確認することをおすすめします。そうすれば、借り入れを申し込む際に心配する必要はありません。

次に考えられるのが総量規制にひっかかってしまったというケースです。総量規制とは、年収の3分の1以上の金額の借り入れができないという法律で、この法律の制定により、専業主婦や無職の方は借り入れが難しくなってしまいました。

ですので、借り入れを申し込んだ時点で、他の金融機関からの借り入れがある場合は、総量規制内の金額を超えてしまう可能性があり融資を見送られる結果になります。

この他にも収入が安定していなかったり、転職が多かったりと審査に落ちる理由はありますが、審査のゆるい消費者金融も存在しますので、ネットなどで借り入れの条件などをよく調べてから借り入れを申し込みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.