消費者金融借入は法人向け融資に影響するか

キャッシングベスト3

消費者金融での借入れが法人向けの融資に与える影響がありますか

起業の為に法人向けの国金での融資を受けたいと考えています。その場合個人的に消費者金融での借入れがあるとやはり審査に影響があるのでしょうか。

消費者金融での借入れそのものよりもその内容によります

国金での融資を受ける際、個人が消費者金融で借入れをしていたからと言って審査に直接影響はありませんが、消費者金融との取引状況で遅延が何度かあるとかマイナスの信用情報がある場合はやはり審査に影響する事もあります。

起業の為と言う事ですが、自己資金はありますか?国金が融資にあたって重要視する所は、事業計画書の内容と自己資金はどれだけ貯めているか、事業主の性格や経歴は信用できるかなどです。
(⇒消費者金融で借りたお金で起業するのは危険?

事業計画書によってその事業は利益がしっかりと見込め、融資金額の返済は無理なく出来るかを見ます。

そして自己資金がどのくらいあるのか、事業を起こす為にこれだけの資金を貯めましたが後これだけ必要なので融資をお願いしたいと言うのと、事業は起こしたいが資金はまったく無いので融資して下さいと言うのでは意気込みがまったく違います。同時に事業主の性格を計る目安にもなります。

消費者金融での借入れがある事が事業主の信用にかかわるとは一概には言えませんが、返済期日に遅れるような事があった場合はやはり信用出来ないとマイナス要因になります。

国金は中小企業の事業主に対しても柔軟な対応をしてくれます。事業計画書をしっかりと記入し、この事業はこれだけの利益が上げられるのだと言う事をしっかりと話しましょう。

その熱意が伝われば融資をしてもらえるはずです。消費者金融からの借入れの事も隠さずに話し、返済も無理なく行えると言う事を具体的な数字で伝えるようにして下さい。

【参考ページはこちら】
自営業者の場合、消費者金融の審査は厳しい?

消費者金融・銀行で扱う法人向けカードローン

キャッシングやカードローンは、金融機関が個人の信用を担保にして小口資金を融資する金融商品です。かつては、消費者金融業者等の貸金業者が主に取り扱いをしており、金利が高い、督促が厳しいなどのマイナスイメージがありましたが、近年では、大手都市銀行をはじめ一般金融機関やインターネット専用銀行等もカードローンを取り扱うようになり、広く世間に普及するようになりました。

その背景には、かつて多重債務者の自殺が急増した時代に、政府が採った方策である貸出金利の上限を設定したことや、悪質な督促を違法として規制したことが大きく影響しているのではないでしょうか。利用者にとって、安心してカードローンを利用できる環境が整ってきたのだと言えるでしょう。

また、個人向けのカードローンは、資金使途が自由なのが利用者にとっての大きなメリットですが、事業性資金についてだけは利用できない決まりになっています。個人経営者の方などが資金調達用にカードローンを利用する際には、法人向けカードローンを利用することが出来ます。
(⇒個人事業主・自営業の方におすすめの消費者金融情報

例えば、静岡県沼津市に本店を置くスルガ銀行では、最高300万円まで利用できる「イービジネスダイレクトローン」という法人向けカードローンがあります。個人向けと同様に担保不要ですが、法人代表者の方が連帯保証人になります(個人経営者の場合は保証人不要)。

審査に通りキャッシング用のカード発行を受ければ、ご利用上限額以内であればATMから借入れと返済を繰り返せるので、急な資金繰りにも安心です。

また、スルガ銀行は、全国に膨大な店舗網を持つゆうちょ銀行と業務の提携をしていますので、利用できるATMが他行と比べて多いという特徴があります。ご利用限度額は50万円~300万円、金利年年12.0~14.9%、融資期間は3年です。

また、法人向けカードローンの提供は、銀行・信金などの一般金融機関の他、消費者金融でも提供しているところがありますので、比較検討して使いやすいところを探してみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.