消費者金融の事業者ローンは借りやすか?

キャッシングベスト3

消費者金融の事業者ローンは借りやすいの?ただ今検討中です

よく、事業者用のローンは審査が厳しいと言われることがあります。カードローンも事業者用のローンの場合は雇用されている方よりも必要書類が多いということがあります。これは消費者金融でも同じような状況なのでしょうか。実は親の代から商売をしていて、今度事業規模の拡大を考えています。

消費者金融の会社では積極的な融資が目立っています

事業規模の拡大ということは、お仕事が順調ということですね。何よりのことです。銀行や信金も同様なのですが、消費者金融会社で実施している事業者用ローンも最初に細かいことを整理しておく部分があります。

事業者用ローンは大きく分けて三つに分類されます。一つ目は「事業者を対象とした生活資金等のローン」、二つ目は「事業資金のためのローン」、三つ目は「生活資金等にも事業資金にも利用が可能なローン」です。

確かに、会社勤務等によって生計をたてている方に比べて、事業者の方の場合将来の収入を予測することの観点からローンの審査が厳しい、とされることもあります。しかし、事業者用のローンについては、たいていのケースで収入証明書等の提出が必要になります。

これによって、融資を実施する側は審査をするわけですが、審査する方もプロですから有望な事業展開かどうかということはわかります。

今後もしっかりと事業に邁進されてください。さて、消費者金融会社のローンですが、事業性資金のローンについては、年収の3分の一を超える借入も審査によって可能です。いかがでしょうか。参考にされてください。

【参考ページはこちら】
事業者向けの消費者金融で借りたい方にオススメ記事

消費者金融における事業者ローンの特徴について

近年評判の高いローンカードによる融資というサービスにカードローンというものがあります。担保の提示や保証人不要で素早く契約することが出来、身近なATMで借り入れも返済もすることが出来るという仕組みに多くの人が納得しています。

そんなカードローンですが、目的が自由とされてはいても 事業用資金として使うことだけは禁止とされています。これは様々な法的な問題が発生するからであり、事業目的のためのローンとしては事業者ローンという別のサービスが利用されることになります。
(⇒消費者金融から開業資金を借りることはできる?

このような事業者ローンは消費者金融でも商品化されており、つなぎ資金など一時的な融資が必要になった会社にとって非常に便利な仕組みとして機能しています。しかしカードローンの一種であることから契約が比較的簡単である半面、金利は高くなっている傾向にあります。そのため返すことのできるあてのある場合、かつ急いでいる場合に限って利用することが推奨されます。

もしも余裕をもって対処できる問題であるのであれば銀行に融資を申し込んだ方が必要な金額をより低い金利で借りることが出来る可能性があるからなのです。素早い判断にはその裏側があり、かなり高めの金利を支払うことになるということを意識しておかなければなりません。

また消費者金融で行う事業者ローンは最大でも数百万円程度と金融機関にとっては小額での融資となります。そのためある程度の規模の事業にとっては資金が不足する場合があるかもしれません。

あくまでも小規模な企業の一時的な資金を融通するための機能しか持ち合わせていないという認識を持って対応する必要があると考えることが出来ます。大きな資金を借りるのであればやはり銀行に相談をし、経営計画の再度見直しを合わせて行うことが会社に為に良い選択肢となるでしょう。

事業者ローンは単なるつなぎ融資でしかないと言う小糸をしっかりと理解しておく必要がありますので注意してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.