消費者金融は就職証明で審査がとおる?

キャッシングベスト3

就職証明があれば無職でも消費者金融で借り入れできる?

現在失業中ですが就職先は決まっています。採用予定先から就職証明(採用証明)をもらえば、消費者金融での借入は可能でしょうか?

現在無職の場合は就職が決まっていても借入は出来ません!

2010年から施行されている貸金業法の総量規制で、無職の人は借入ができなくなりました。これは就職が決まっているいないに関わらず、です。年収の3分の1以上の貸付はできないという決まりなので、収入がゼロの人は融資可能額もゼロになるという事です。同じように専業主婦(夫)も、配偶者に一定の収入があったとしても本人は借入ができません。
(⇒無職の人と消費者金融に関連するオススメ記事

逆に無職のあなたに融資してくれる会社が見つかったとしても、それは闇金などの悪徳業者である可能性が高いですから、安易にそういった話に乗るのは絶対にやめましょう。

就職証明(採用証明)は収入証明とは認められませんので、就職をしてから一定期間まじめに働いてから(今お金が必要なのであれば無意味なアドバイスかもしれませんが・・・)融資を申し込むしかないでしょう。

また、就職までに数ヶ月あるのであれば、取り急ぎアルバイトの職に就き融資を申し込んでみると言う方法もあります。ただしこれもすぐに審査に通る可能性は低いでしょう。なぜならどこの消費者金融でも融資の条件として「一定の継続的な収入」を挙げているからです。

消費者金融で融資を申し込む際に提出する証明書で認められているのは、
・源泉徴収票
・確定申告書
・所得(課税)証明書・納税証明書
・給与明細書
などです。いづれも現在の勤め先の収入を表すものである必要があります。

とにかくまずは働いてから、という事ですね。

【参考ページはこちら】
失業中でも利用できる消費者金融が知りたい!

消費者金融で借り入れの際には就職証明が必要になります

消費者金融でお金を借りる場合、就職証明や収入証明が必要になる場合があります。これは消費者金融では現在収入の三分の一までしかお金を貸せないという決まりがあるので、就業しているかはもとより、収入が実際いくらあるのかという情報が必要になるからです。

ですので、一般的に消費者金融に提出する書類としては確定申告書や給与明細書、源泉徴収票など金融会社の指示によって提出可能な書類が決まっています。書類の発行時期なども指定される場合があるので、金融会社を訪れる前には何が必要かを明確にしてから行ったほうがよいでしょう。

またもしも、金融会社が指定するいずれの書類も準備できない場合は最悪融資を受けられない可能性もあるので、あらかじめその旨を金融会社に相談するか、書類が不要な金融会社を選択するということになります。

例えば、専業主婦や学生でそもそも仕事がないという場合や、転職した直後などで現在の就業場所と収入の過去の書類で違う会社名になってしまうといった複雑なケースもありえます。このような場合は金融会社によって対応が違ってくる場合があります。

つまり、A社で融資を断られたとしても別のB社では融資を受けられたというケースもあるので、複数の金融会社に問い合わせや相談をしてみるべきでしょう。
(⇒契約しやすい消費者金融会社を教えて!

いろいろ探してみて、どの金融会社も何かしらの書類の提出を求め、そのいずれの書類もどうしても準備できないという場合も考えられます。その場合、例えば専業主婦なら、ご主人の収入を証明する書類などがあればそれで対応ができる可能性もあります。(こちらもご参考に→中小規模の消費者金融なら専業主婦も借りられる?

学生ならお父さんかお母さんの書類ということになります。各金融会社で条件がさまざまなのでインターネットなどでいろいろ口コミなどの情報を利用し、調べることが重要です。

何も書類が要らなく、誰でも貸しますというような金融会社のなかには闇金のような会社もあるので要注意です。借りるまでは簡単でも法外な金利が発生するので、現実的に返済が不可能になる危険性をはらんでいるからです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.