消費者金融が見られる情報は信用情報か

キャッシングベスト3

消費者金融が見られる情報とは顧客の信用情報の事でしょうか

消費者金融を申し込むにあたって、同意確認事項に個人情報の利用目的など結構複雑に書いてあるのですが、ようするに消費者金融が見る事の出来る情報は個人信用情報の事なのですか。

そうです消費者金融会社は信用情報機関で信用情報を照会します

消費者金融に申込む前にまず信用情報機関への情報提供に関しての記載事項を承諾する必要があります。申込みした人の信用情報を使用する事、その情報を信用情報機関へ登録し、他社ともその内容を共有する事などがその目的と共に記載されています。

これを承諾する事によって、消費者金融会社は信用情報機関にこういう人からいつこういった商品での融資申し込みがあったと言う旨の情報を提供するのです。

同時にその人のこれまでの信用情報を照会します。消費者金融が見る事の出来る個人の信用情報と言うのはこの事なのです。通常消費者金融の加盟先機関は株式会社日本信用情報機構と株式会社CICでそれぞれ登録期間は約6か月となっています。消費者金融会社はこの情報により顧客の支払い能力の有無を調査するのです。

この為、例えば複数社に同時期申込みをすると複数社でこの情報を登録照会します。そしてこんなに何社も申し込むのは余程お金に困っているのだろうと判断されてしまいます。自ずと支払い能力については疑問を持たれてしまう事になります。

信用情報には過去の金融事故も履歴として5年から7年間は消えずに残ります。金融事故と言うのは自己破産、任意整理、3か月以上の延滞などを言いますが、そういった金融事故の履歴がある顧客には当然融資はしてくれません。

自分が自己破産や任意整理した事を忘れてしまう人はいないと思いますが、延滞については5年も前の事でつい忘れてしまっていたと言う人もいます。自分の信用情報は信用情報開示請求をすれば確認する事が出来ます。

このように簡単に借入れしようと思っても過去の信用情報もしっかりと履歴に残り借入れ出来ない事もあります。自分の信用はしっかりと自分で積んで行くものです。消費者金融に限らず、クレジットカードなどの返済や通販などでの支払状況についても同様です。わずかな金額の3か月以上延滞でも延滞の履歴が5年間残ってしまうのです。これくらい大丈夫だろうなどと考えないでくださいね。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査基準に関するオススメ記事

消費者金融が見られる情報と個人信用情報について

消費者金融ではキャッシングの申込みを行うと、申込みの書類に記載されている氏名や住所、電話番号を元に、対象者の個人信用情報を照会します。この個人信用情報は信用情報機関が管理を行っているもので、消費者金融が見られる情報なのです。

個人信用情報にはどのような情報が掲載されているのかなのですが、まず申込者を特定する事が出来る基本的個人情報が掲載されています。氏名を初めとして、生年月日や性別、住所、電話番号、勤務先などの情報が記載されていますので、勤務先などの情報が無く、無職の場合は、この情報を基にして審査に適用します。
(⇒無職では消費者金融利用できない?

また、個人信用情報には基本的個人情報以外にも、現在借金が有る場合の情報も記載されています。何時、いくらお金を借りて、返済をきちんと行っているのかどうかと言った事も、消費者金融が見られる情報なのです。

消費者金融のキャッシングの申込みを行う時、仮審査を受けることが在ります。この仮審査では生年月日、既婚や独身などの婚姻状態、性別、そして他社借入れの有無と借り入れ総額と言った情報を記載して仮審査を行います。

仮審査はコンピュータが入力された情報を基にして結果を表示しますが、本審査では他社借入れ有無や借入総額等の情報は、個人信用情報を照会する事で明確になり、仮審査の時に事実に反する事を記載して審査を受けても本審査ではそれが明確になるのです。

個人信用情報は、CICと呼ばれる機関が管理を行っている情報データベースで、消費者金融はCICに加盟をしており、銀行やクレジット会社、リース会社などは別の信用情報機関に加盟を行っています。
但し、これらの信用情報機関は、官報に掲載される破産などの情報の共有化を行っていますので、破産をしている事はどの情報機関の個人情報を閲覧しても明確になります。

尚、個人信用情報は申込者の信頼性が有るのかどうかを確認するための情報源で、個人信用情報の中に返済をきちんと行えないなどの情報が残されていると審査に通り難くなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.