いつ消費者金融に居場所がばれるか不安

キャッシングベスト3

借金から逃げたけどいつ消費者金融に居場所がばれるか不安です

借金から逃げたけどいつ消費者金融に居場所がばれるか不安です

私は数年前に借金の支払いから逃げました。現在30代です。夜逃げ同然で逃げたわけですが今でも戦々恐々としています。詳しく言うと見つかるかもしれませんので情報はボカシします。

法律が変わる前に消費者金融から500万ほど借りていました。私の年収では借入不可能な額です。多重債務です。お金を借りては他の業者への返済に充てる日々を送っていました。限界が来たのは法律の改定で総量規制ができてキャッシング枠が止められたからです。

結果的に支払い困難に陥り、一人身ということで逃げました。今はアルバイトをしながら2万ほどの風呂なしのアパートに住んでいます。5年間我慢すれば時効になるということですが耐えられそうにありません。まだ2ヶ月ほどです。それにいつ消費者金融に居場所がばれるか不安な日々を過ごしています。

借金の原因をいうと怒られそうですが競馬がメインです。ほかにもパチンコなどにもはまりました。ギャンブルで作った借金なので自己破産をしようにもできず仕方なく逃げました。言い訳にもなりませんが自己破産ができればそうしていました。でも現状も耐えられそうにありません。何かいい方法はないでしょうか。よろしくお願いします。

気を付ければ見付からないがそれよりも逃げることが問題だ

事情はお察しする。しかしなぜ逃げた。法律の専門家に相談はしたのか?世の中には無料の相談所だってある。消費者金融に減額の相談をすることだってできたはずだ。一人で不安を抱え込んで逃げたは良いが今度は耐えられないか。本当に情けない。

まあいい。質問の件だが、まずは逃亡について話そう。住民票などの届け出は動かしてはダメだ。動かすと弁護士などに居所がばれる可能性がある。1社から幾らくらい摘まんでいるのかは知らないが警戒をしておくべきだ。住所を動かせないことから分かる通り、免許証などの身分証も移動できないということだ。住所を移さなければ迂闊なことをしない限りばれることはない。

次に時効についてだが確かに時効は5年だが世の中には『時効の中断』というものがある。裁判所に訴えることで時効は初期化されることになる。他にも手段はあるが裁判所に訴えるのが一般的だろう。そして訴えたあとの時効は10年となる。最低でも5年だが最長で15年間は何もできないということだ。あなたの精神力では耐えられないだろう。

そこで言いたいのは「今すぐに逃げるのは止めろ」ということだ。消費者金融に連絡するか法律の専門家に相談して連絡を取ってもらえ。というのも、ギャンブルでの借金は免責がおりず自己破産はできないと言われているが、それは間違いだ。あくまでも判断するのは裁判所だ。

裁判所が免責とするかの決定をするわけだが、その際にギャンブルにハマった経緯などを考慮してくれる。だから必ずしも免責がおりないということではない。また経験豊富な弁護士に頼めばどうにかしてくれる。安心して相談しろ。金を借りるだけ借りて、責任も取らずに逃げるなど言語道断だ。

しかも逃げたけど不安だと?ふざけているのかと怒鳴りつけたいくらい不快だが、とにかく相談しろ。社会人なら責任は自分でとれ。一度逃げればまた逃げることになるぞ?

そしてあなたの性格を考慮すると、この先ずっと後ろ暗い気持ちで生きていくことになるだろう。それで良ければ構わないがきっとあなたは耐えられない。気にしない奴もいるのだから、苦しんでいるだけまだマシか。どちらにせよ自殺をする前に相談しろ。そして命だけは大切にしろ。俺から言えるのはそれだけだ。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するオススメQ&Aはこちら

住所が変った場合は消費者金融に居場所がばれるか

消費者金融を利用する場合は、まずは申込み手続きが行われます。本人を確認できないといけませんので、運転免許証やパスポート、健康保険証などの書類を提出しますし、そのほかにも勤めている職場の情報も記入し、その後は在籍確認も行われることが一般的です。

個人情報を知られることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、お金を貸す側としても貸したお金はしっかり回収しなくてはいけませんので、丁寧に審査を行い、信頼できる人物であるかどうかを調べておく必要があります。それゆえに、住所や職場を知られるのは当然と思っておいて良いでしょう。

通常の利用の場合、そうした個人情報が悪用されるということもありませんので、消費者金融に個人的な情報を知られていても問題はないと言えます。

通常のカードの利用を行っている方の場合は、特に気にされていない方も多いのではないでしょうか。
気になるのは、過去にある業者からの借入を踏み倒している、返済せずに引っ越しなどで住所を変えているという場合です。

この場合も消費者金融に居場所がばれるかということとなりますが、転居する場合は、通常は住民票を移すこととなります。

そして行方がわからなくなった場合は消費者金融は住民票を請求することができますので、転居してもすぐにその住所が金融業者に知られることとなります。

それから、消費者金融にも時効はありますが、もし、その事項まで、居場所がわからなかったとしても、不払いの情報は個人情報機関に掲載されることとなりますので、その後新しくカードを作ったり、ローンを組むなどの場合はかなり不利なることが考えられます。

そして延滞している間も利息は増えていきますので、居場所がわかり、請求が届いたときはその金額がかなり高額なものとなっている可能性もあります。それゆえに、借金が払えなくなってしまった場合も、不払いなどは行わず、債務整理を行うなどで正しく対応していきたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.