消費者金融に申込む時数社に借りる事は出来るのでしょうか

消費者金融で借入れを希望しているのですが、一社だけではたぶん希望金額に達しません。同時に数社に借入れする事は出来ますか。

総量規制対象なので年収の3分の1以上は借入れ出来ません

貸金業法の改正で総量規制が施行された為、消費者金融会社では年収の3分の1以上の借入はできないのです。これは1社のみではなく、合計の融資金額が年収の3分の1以内と定められたのです。

以前のように複数社でかなりの限度額一杯を借入れし、多重債務によって自己破産などに追い込まれる人が出ないようにと施行された法律です。消費者金融で借入れを受ける場合収入証明書が必要になり(金額によっては不要の場合もあります)他社との合計限度額が年収の3分の1を超えないように調整されます。

例えば400万円の年収の人なら130万円が総合計限度額となります。1社で130万円借入れするか、50万円ずつ2社で借入れ、30万円をもう1社で借入れるかですが、審査の結果と言う事になりますね。それ以上の融資を希望されているのなら消費者金融での融資は難しくなります。この総量規制は銀行のカードローンでは対象外となる為、金額によっては銀行のカードローンに申込まれた方が良いでしょう。

融資金額が大きいのなら金利の面でも銀行のカードローンは低金利なのでお奨めですが、何か目的があってローンを組みたいと考えているのなら目的別のローンも各種あるので検討されると良いと思います。目的別のローンは消費者金融会社にもあります。金利が少し低めの設定となっているので確認して下さいね。

【参考ページはこちら】
契約しやすい消費者金融会社を教えて!

消費者金融数社に借りるのは総額の利息が高くなる

消費者金融数社に借りることを検討しているならメリットとデメリットを知っておくとよいです。まず、メリットについては数社に借りることで限度額の総額を大きくしやすいことが言えます。1社で高い限度額を持つにはなかなか審査に通らないということがありますが、小口に分けて数社を利用すると金額が小さいだけに審査に合格しやすくなるので、総額としては大きな金額を借りやすくなります。

デメリットはかなりいろいろとあります。お金を借りたい状況では、小口と言えど総額で限度額が大きくなるなら嬉しいと感じるものですが、それ以上にデメリットはたくさんあるのでしっかりと覚えておくとよいです。

まず、最初に金利についてですが1社で大きな限度額を持つと金利の利率は低くなります。小口で数社で借りる場合はそれぞれの会社の適用利率はどこも高くなります。結果、総額の支払い利息額は高くなるので利息を考慮するなら1社だけを利用して適用利率を下げるほうがメリットになります。

ちなみに消費者金融の上限平均利率は18.0%であり、限度額が大体100万を境にして適用利率が下がるかどうかというラインです。つまり、100万以下を小口で借りるならどこも18.0%付近、1社で100万以上持つことができると18.0%を切れる可能性が高いので、しっかりと各社の金利情報を見ておくとよいです。

次に返済日に関することですが、1社を利用すると返済日は当然1つで管理が楽です。しかし、数社に借りる場合はそれぞれの会社の返済日を持つことになるので、毎月返済をする日が多く出てきます。そうなると、借入件数によってはかなり多くの返済日を持つことになるため、返済の管理がとても大変です。

上記のように消費者金融数社に借りる場合はメリットとデメリットの比重をしっかりと考える必要があります。数社に借りても結局はおまとめローンから一つにまとめてしまう人も多いので、最初にしっかりと検討しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.