消費者金融に収入証明は必要?

どうしてもやりたいことがあるので、まとまった金額を消費者金融で借りようと思っています。いろいろと準備をしていたところ、自分の場合は「収入証明書」を出してほしい、と言われました。収入証明書は基本的には必要ない、と聞いていたのですが・・・どんなときに収入証明書が必要になるのか、教えてください!

基本的に一定の金額を越えている場合です

消費者金融の申し込みは、基本的には「身分証明書」「印鑑」の2つがあれば完結します。事実、たいていの消費者金融の会社は、「一定の金額までは収入証明書の提出は不要」としています。しかし、一定の場合においては、これに加えて「収入証明書」が必要となります。具体的には、「源泉徴収票」「税金の納付書」などこれにあたります。

では、その「一定の場合」とはどんな場合でしょうか。大まかに分けると、2つの場合が考えられます。第一に、その消費者金融の利用限度額が一定の金額(50万のところが多いです。)を超える場合です。第二に、その消費者金融の利用限度額と他の貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合です。

これらの場合、「年収の3分の1以上の借り入れはできない」とする貸金業法の規定(総量規制)に抵触する恐れが高くなるために、提出が求められているのです。そこで、「自分は年収が高くないからそんなにお金を借りられないかもしれない。収入証明書の数字を偽造してでもいいからお金が借りたい」という人も出てくるでしょう。しかし、これは絶対やってはいけません。

まず、会社からもらった源泉徴収票や税金を納めた証拠としてもらった納付書は「私文書」にあたります。これらの文書を偽造することは犯罪です。さらに、その偽造した文書を使ってお金を借りることも詐欺罪に当たる可能性があるので、これまた犯罪です。収入証明書が必要なほどの借入をする場合は、自分の年収を偽りなく申告するつもりでいきましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査の流れを教えて!

消費者金融での申し込み時に収入証明書が必要になる理由について

消費者金融では運転免許証などの本人確認用の書類を用意する事でキャッシングの申込みが可能になっています。

本人確認用書類と言うのは、申込書に記載されている本人であるかどうかの確認や、個人信用情報を照会する際の証明書に利用されているのです。

申込書に記載されている住所と本人確認用書類に記載されている住所が異なっていると申込みを行っても審査が出来ませんので注意が必要です。

また、消費者金融では本人確認用書類以外にも収入証明書の書類の提出が必要になる事も有ります。

中には、条件に関係なく証明書の提出が必須になっている会社も有りますが、大手消費者金融などでは申込み金額が50万円を超える場合や、現在の借入額の総額と申込み額の合計が100万円を超える場合等には書類の提出が必要になります。

サラリーマンの場合は、給料の明細書(3か月分から6か月分)、源泉徴収票などが必要です。個人事業主などの場合は確定申告書等の写しが必要となります。これらは申込みを行う際に同時に添付するケースが多いため、申込みをする時には用意をしておく必要が有ります。

収入証明書と言うのは返済能力の有無を確認する目的で利用されるだけではなく、申込者の希望通りの額の申込みが可能になるのかどうかの確認を行う目的で利用されるのです。

消費者金融は総量規制が適用されていますので、年収の3分の1を超える貸付が出来ません。年収の3分の1を超える貸付を行うと、行政処分を受けることになり、会社を運営していくことが出来なくなりますので、申込者の収入の確認をした上で審査を行っているのです。

また、年収の3分の1の中には、現在の借金の額も含まれますが、借金の額は申込書の中に記載を行っての自己申告になります。

但し、消費者金融は審査を行う時には個人信用情報を照会して行う事になり、この個人信用情報の中には借金の額などが記載されていますので、それを見ることで借入残高の合計などを知ることが出来るようになっているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.