お金がない子育て中の主婦でもキャッシング

キャッシングベスト3

お金がない子育て中の主婦でもキャッシングできるの?

お金がない子育て中の主婦でもキャッシングできるの?

失礼します。私、今手の掛かる年頃の子の子育て中なんです。旦那は毎日仕事に行って一生懸命働いてくれているんですが、うちの子はアレルギーがひどくて、食事や身に着けるものに気を使わないといけないのでとっても大変。

ミルクやジュース代だってバカになりません。子供ができる前は私もフルタイムで働いていたので良かったんですけど、子供から目を離す訳にもいかないし・・・正直言って、お金がないんです。

お金がない子育て中の主婦でも、キャッシングってできるものなんですか?

旦那さんに黙ってコッソリ、は難しいです

うんうん、分かります。と言ってはいけないのかもしれませんが。でも、旦那さんは十分頑張ってくれているし、それでも子供は可愛いし、生活費はかつかつだし・・・と悩んでいるご家庭はたっくさんあるんです。

旦那さんのプライドを傷つけないように、主婦としてコッソリ、一時的にキャッシングの力を借りよう、というのは決して間違った選択肢ではありません。

ですが、今の法律だと主婦の方が旦那さんに黙ってコッソリお金を借りる、っていうのはとっても難しいんです。

実は、2010年にキャッシングなどに関する決まりである、貸金業法の改正が行われました。この時の変化として知っていただきたいのは、総量規制という言葉です。

これは、夫婦ならば、合わせて年収の3分の1までしかキャッシングできませんよ、という法律です。さらに、奥さんが黙ってお金を自由に借りることができないように、旦那さんの同意書や、各種の書類が必要だ、ということも決められました。

どうしてやりくりしようと頑張る主婦を邪魔するの!? と憤ってしまうかもしれませんが、ぐっとこらえてくださいね。実は、こんな決まりが生まれたのには理由があるんです。

それは、奥さんが旦那さんに黙って大金を借りてしまい、家計からこっそり返済用の資金を抜いたり、旦那さんにバレたくない一心で別の消費者金融からキャッシングし・・・とまたたく間に多重債務者になる主婦が増えたから。

旦那さんが請求書を見て目玉が飛び出るくらいに驚き、大げんかの末離婚問題、なんてことも多かったのです。

理由はこれだけではありませんが、とにかく、収入のない人が気軽に大金を借りることができる制度は良くないだろう、と今の形に落ち着きました。

確かに、旦那さんに黙ってコッソリ、という気持ちも分かります。けれど、家計の維持は奥さんだけの仕事ではありませんよね。もし、家計は問題ないけれど個人的にブランドのバッグを買う資金が欲しい、なんてことなら危険な兆候です。

とにかく、家計のことに関しては、旦那さんの収入に頼っているのですから、まずはしっかり旦那さんと相談しあうことが大切です。

旦那さんのプライドを慮ってさしあげるのも結構ですが、その結果バレないように借金を重ねていた、なんてことになると後が最悪です。円満な夫婦関係のためにも、積極的にキャッシングの話し合いを行ってください。

きちんとした返済計画を立てていればキャッシングは恐れるようなものではありませんし、秘密にしておくよりずっと気持ちも楽です。中には主婦の方でも、なんて甘い言葉で誘ってくる業者もいますが、そういうところを利用するにしてもやはり旦那さんと相談しましょう。

旦那さんの理解と協力を得られたら、気持よくキャッシングして家計のピンチを乗り切ることができるのです。

お金がない!そんなアナタに子育て支援『育児ローン』

子育てには、なにかとお金がかかります。払い続けている各種ローンに、生活費や養育費などの資金が必要です。そして、子供の教育資金には、多額の資金が必要となります。

子供は、ある年齢になると一定のお金が必ず必要になってきます。そうしたことも踏まえて、より計画的な資金運用が必要になってきます。

ちなみに、一般的に子供が大学まで全て公立学校の場合ですと、子供一人あたり約1,000万円、全て私立であれば、約2,000万円かかるといわれています。さらに、学校外での教育費もありますから、それはもう多大な資金が必要となります。

「そんなお金払えないよ!」と感じる方もいらっしゃることでしょう。

そうした方は、各種金融商品を利用して積み立てを行うという方法があります。

今回は、子供を育てるうえで必要となる資金を調達することができる「育児ローン」という金融商品をご紹介したいと思います。

育児ローンは、育児期間中の方を対象としたローンのことで、特徴として低金利が挙げられます。

育児ローンは、労働金庫いわゆる「ろうきん」、さらには地方や大手銀行でも行っているローン事業です。

対象となるのは、育児期間中の労働者です。

そして、融資限度額は100万円前後が一般的です。

このように、育児ローンを利用することで、育児期間中にかかる費用をまかなうことができます。

ちなみに、低金利といいましたが、ほとんどの育児ローン事業では「金利2.0%を下回ります」。

金利2.0%を下回る低金利ですので、育児ローンを利用する他ないでしょう。

今回は、「育児ローン」について絞ってお話を進めてきましたが、実は子育て支援の制度が以下のように沢山あります。

・出産育児一時金
・乳幼児等医療費助成制度
・育児休業給付金
・教育訓練給付制度
・児童手当金
・出産手当金
・医療費控除
・特別児童扶養手当金
・育児休業者職場復帰給付金
・出産融資制度

さらに、勤め先にもよりますが、育児期間中に給料が減給された形でもらえる場合もあります。

これらをうまく活用することで、子育て中の資金面での負担は軽減されることでしょう。

最後に、基本的なことですが、「お金がない状況の原因を探しましょう」。

家計簿をつけて、収支の状況を把握して、余計な出費が目立つようであれば、それをカットしてみてください。このようにして、月々の費用の見直しをはかることで、「お金がない」という状況が改善されます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.