消費者金融の提出書類に嘘を書くとばれる?

キャッシングベスト3

消費者金融への提出書類に嘘を書くとばれるのでしょうか?

カードローン初心者の23歳の会社員です。でも会社員と言っても契約社員なので年収は280万円くらいでボーナスはありません。だから月末とか、特に困るのはまとまった出費がある時です。そういう場合の為に消費者金融会社でカードローンを利用しようと思っています。

でも年収も大した事が無いので審査で利用限度額が少ないと、カードローンを作る意味がないと思うんです。年収もいずれ上がると思うので、申し込みの時に少し水増しして年収を350万円くらいにして申込もうと思うのですが消費者金融への提出書類に嘘を書くとばれますか?

必ずウソはばれますから絶対にやるべきではないですよ

消費者金融会社にカードローンの利用を申し込むと審査があります。その時、契約の為にご自分の自宅の住所・勤務先などの情報を登録しなければいけません。勿論、申込んだ時点での年収もそうです。その年収を誤魔化したらどうなるかについてですが遅かれ早かればれます。理由は簡単で貴方の給料は源泉徴収票とか税金徴収の為の書類、市役所・町役場などの税務課などに既に情報があります。

秘密に出来る内容ではありません。そういう個人情報を虚偽記載すると社会的な信用が落ちます。それに信用情報の照会などで審査の途中で虚偽だとわかれば最悪の場合、それだけで審査に落ちますし、信用情報に間違いなく記録されるでしょうね。

それに収入を誤魔化すという事は、もしかしたら収入を証明する書類は不用だという情報を得ているからかもしれませんが、審査の状況によっては、カードローン会社は契約前に収入を証明する書類を契約者に請求できます。そうなれば源泉徴収票か収入証明書類を提出しなければいけません。

その場合は即座にウソだとばれますから、審査は不合格になるでしょう。そういう事をしなくてもカードローンが初めてなら、信用情報も大きなマイナス情報はないはずですから、最初の利用限度額は30万円~50万円くらいはつくでしょう。勿論、審査の結果決まりますから必ずそうなるとは言えませんが、ある程度のまとまった限度額がつくはずです。

普通に審査を受けたらカードローンを利用出来るのに、わざわざウソをついてまでリスクを背負う必要は何一つありません。カードローンは信用取引ですから、最初に申し込む時から正直に申告して、真摯に審査を受けるのはある意味常識です。

ウソが成功しても一時的なもので大した事はありません。そしてウソは必ずばれます。だからそういう事は絶対にやめましょう。現時点でなく将来的にもマイナスになりますし、何一つメリットはないですよ。とにかくありのままに申告をして正直に審査を受けるのが何よりも大切な事ですよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するオススメQ&A

消費者金融は書類を送るだけで家族にばれることなく借りられる?

何らかの理由で急にお金が必要になった際、持ち合わせや貯金がないこともあるでしょう。そんな際、消費者金融などで融資を受けるという方法が便利です。カードさえ作っておけば、提携のATMで簡単に借り入れができるのです。しかし、ご家族に借金がばれることが心配という方も多いでしょう。そんな人のために、周囲にばれることなく融資を受けられるという消費者金融もあるようです。

Webからの申し込みで手続きが完了するというふれこみの消費者金融は多くありますが、実はそれには条件があることがほとんどです。指定の金融機関に口座を持っているのは大前提で、提出書類が通常申し込みよりも多くなります。本人確認書類はもちろん、収入証明、電話確認などの必要があるのです。

また、電話確認、つまりあなたが専業主婦の場合はご主人の勤める会社に行くのですが、これがまずいという場合は、勤務をしていることが証明できる書類があれば電話確認は不要になるケースもあります。

また、それ以外にも郵送で消費者金融の書類がくるのもまずいという場合は、それもなくすることが可能です。(こちらもご参考に→消費者金融から自宅に郵送されてくるものはある?

このように、周囲にばれずに借りられる消費者金融はありますが、それには通常の借り入れの際より、面倒な手続きが必要となります。

また、申し込みの際、審査に通りたいからと嘘の内容を書くことはもちろんNGです。相手はプロなのですぐにばれてもちろん審査には通りませんし、万が一ばれずに審査が通って融資を受けられたとしても、嘘がばれた場合、詐欺罪となる可能性もあるのです。審査に通りたい気持ちはわかりますが、真実を申し出ることは基本です。

お金を借りる際にカードローンやキャッシングは非常に便利です。しかし、だからと言ってむやみに借り過ぎると返済が滞る危険性があります。そうならないように借りるのはいいですが、計画的に借り入れをして、きちんと返済するのが社会人の義務です。「ご利用は計画的に」というテレビCMのフレーズはその通りなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.