消費者金融に連続申し込みできるの?

実を言うと、もうすぐ引越しをしたり、友人の結婚式に出席をしたりと何かとお金がかかるイベントが続くんです。できるだけ自分のお金でまかなおうと思いましたが、正直どうしようもない部分があります。そこで、消費者金融のお世話になろうと思うんですが、審査が通らなかったときのために、いくつかの会社に申し込んでみようと思います。これってありですか?

正直言って、なしです

何かとお金が必要になる場面、というのは誰にでもあることです。自分の力だけで賄えればそれが一番いいのですが、そうはいかない場合、消費者金融を使うということも選択肢の一つに入れるべきでしょう。そこで、お金を確実に借りるために、複数の消費者金融会社に連続して申し込みをしようとする人もいるのではないでしょうか。

しかし、これはあまり褒められたことではありません。理由を説明しましょう。まず、消費者金融は借り入れの申し込みをした場合、信用情報機関に確認をとります。その際、いつ問い合わせがあったか、という記録も取られています。そこから、複数の消費者金融に申し込みをしているという事実が浮かび上がってくるのです。

言うまでもなく消費者金融の会社が一番避けたいことは、「お金を借りた人が、お金を返してくれないこと」です。返済の遅延や自己破産などの事態が起きそうな人には貸してくれません。

複数の消費者金融に申し込んでいるということは、それだけで「返してくれない人」とみなされる可能性があるのです。また、法律との兼ね合いもあります。消費者金融の会社が守らなければいけない法律の一つに、貸金業法というものがあります。

この法律の「総量規制」つまり、「年収の3分の1以上の金額を貸すことはできない」という規制に抵触する恐れがあります。お金が足りないとき、いくつもの消費者金融を連続で申し込んで確実に借りられるようにしたい、という気持ちはあるものです。しかし、現実的にはあまり賢い選択ではない、ということを覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融で借りられない理由には何がある?

消費者金融の連続申し込みを行ってはいけない理由の解説

消費者金融に申し込みを行ったときに、過去に金融事故を起こしておらず、定職について安定した収入があり、年収の3分の1を超えるような借入残高を持っていない状態であっても審査に落ちてしまうことがあります。この場合、連続申し込みを行っていることが原因の場合があります。
(⇒消費者金融の申込みに関するオススメ記事

消費者金融が審査の際に照会を行う個人信用情報機関には、申し込みを行った情報も記録されます。審査に通った場合、その情報も記録されますが、審査に不安があるからと複数の業者に対して連続申し込みを行った場合、申し込みの記録だけが登録され続けます。

この状態になると、審査に落ちたために申し込みを繰り返していると判断され、現在の資金繰りに行き詰っている、返済能力に疑問のある人物であるとされます。これは申し込みブラックと呼ばれる状態であり、大手では機械的に審査を落としてしまうため、連続申し込み以外には問題となる点が全くない状態でも審査に落ちます。

申し込みブラックとはそのような事故情報があるのではなく、一定期間内の申し込み件数によって判断されます。そのため、何件以上になると落とされるかはそれぞれの消費者金融によって異なります。

1か月以内に3社以上申し込みを行うと落とされることが多いですが、2社以上の場合もあります。そのため、審査に不安があっても短期間の連続申し込みは避け、多くても2社までに留めます。

申し込み情報は事故情報ではないため、短期間で個人信用情報機関の情報から削除されます。この情報は最長で6か月間保持されるため、申し込みブラックに相当する連続申し込みを行ってしまった場合には登録が削除されるまで待つようにします。

また、この状態でもどうしても消費者金融を利用したい場合には中小の業者を探して申し込みを行います。中小の業者であれば現在の返済能力を確認して判断を行うため、他に返済能力に問題があるとされる要素がなければ、申し込みブラックになっていても審査に通ることもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.