消費者金融でお金を借りれないわけとは?

「はああ、またか・・・」と思っています。お金に困っているのに、消費者金融からお金を借りることができませんでした。思い当たる節はあるんですが、自分自身、納得がいかないので、消費者金融からお金を借りることができない理由を大まかに教えてください。今後の行動に役立てます。

ずばり、「ブラックリストに載っているから」です

消費者金融でお金を借りられないのには、大きく分けて2つの理由があります。一つ目は、「他の消費者金融の会社からも借入をしているから」です。消費者金融が守らなければならない法律に貸金業法があります。この中に、「総量規制」という規定があり、そこには「年収の3分の1以上の貸付はしてはいけない」と書かれています。

つまり、あまりに他の消費者金融からお金を借りていた場合は、新規の貸付は難しくなる、というのが現実のようです。銀行のカードローンは貸金業法の規制を受けないので、この規定が直接に関係するわけではありません。かといって、あまりに他で借り入れている件数が多いと、審査に通りにくくなるのは事実です。二つ目は、「信用情報機関に事故情報が記録されているから」です。

難しい言葉で書いてしまいましたが、簡単な言葉で言い換えるとこうなります。「ブラックリストに載っているから」です。消費者金融、銀行などの金融機関では、信用情報機関を通じて、借入をしようとする人の利用状況を逐一チェックする仕組みができあがっています。そして、返済の遅延、任意整理などなんらかの事故があった場合、信用情報機関のデータベースにそれが記録されていきます。

俗に、信用情報機関に事故情報が記載されることを「ブラックリストに載る」というのです。これがあった場合、新規に借入をするのは相当厳しくなります。大手はまずアウトといってもいいでしょう。中小の業者の中にはそれでも貸付をしてくれるところはありますが、かなり数は少なくなります。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査に落ちる人は恥ずかしい?

消費者金融でお金を借りれないわけは一体何なのでしょうか

消費者金融に何度申し込んでも断られてしまう、そのような経験はありませんか。通常消費者金融は、銀行よりも審査基準は緩く、万人向けといえます。それなのに借りれないわけは、一体何なのでしょうか。まず、消費者金融で融資をしてもらう際に、これだけは必要ということを確認しておきましょう。そうすると、借りれないわけというのが、おのずと見えてくるはずです。

最初に必要なのは、収入があることです。これは、お金を貸す以上、当然返済してもらわなければ困るわけで、その返済能力があるかどうかを確かめるうえで、とても大事なことです。

もし無職で収入のない、たとえば専業主婦がお金を借りる場合は、収入のある家族、たとえば夫の名義で借り入れることになります。また、無職であっても、年金受給者の場合は自分の名義で借入が可能です。年金は定収入とみなされるからです。(こちらもご参考に→無職で借りられる消費者金融は実在する?

それから、ブラック情報のあるなしも大きく影響します。このブラック情報とは、ローンの返済で何度か延滞を繰り返した場合に、その人の信用情報に記録される事故情報のことで、この情報が記録されると、その後5年間は新規のローンや借金は難しくなります。

また、債務整理を行った場合にもブラック情報は記録され、この場合は、5年から7年は、やはり新規にローンを組んだり、お金を借りたりすることは困難になります。

以上のような理由から、無職で収入が無い場合、ブラック情報が信用情報に記録されている場合は、消費者金融に申し込んでも、審査に通らない率が高くなります。また、それとは別に、申込ブラックというのもあります。
(⇒半年前に消費者金融の審査落ち、そろそろいける?

これは、収入もきちんとあり、ブラック情報が記録されているわけでもないのに、1度に多くの申込を行ったために起こってしまうものです。5社も6社も申し込むと、よほどお金に困っているのだと思われ、その結果落ちてしまうもので、実にもったいない話です。

このような事態を招かないためにも、1度の申込はせめて3社程度にとどめておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.