消費者金融の審査で年収をごまかせる?

キャッシングベスト3

消費者金融の申込で年収をごまかす事はできますか?

消費者金融の審査で年収を聞かれると思うのですが、実際より高めに申告する事は可能でしょうか?

申告する事はできますがバレる可能性が非常に高いです

「総量規制」という言葉を聞いた事がありますか?2006年に貸金業法が成立し、2010年に施行されましたが、その中に総量規制というものがあります。これは貸金業者からの借り入れ残高が年収の3分の1を超えてはならない、というきまりです。もしもこの3分の1を超えて貸金業者が貸付けを行った場合には行政処分の対象にもなります。

よって貸金業法が施行されて以降は、消費者金融も顧客の年収の確認には厳しくなってきている現状があります。もしもあなたが自分の年収を偽って申告したとしてもどこかでそれがバレてしまう可能性は十分あるのです。(こちらもご参考に→消費者金融と年収に関するオススメ記事

例えば、収入を証明する書類の提出が条件となっている消費者金融の場合は絶対にごまかしはききません。たとえ条件に入っていなくても、担当者から提出を求められる事もあるでしょうし、それに応じなくては融資は受けられません。

消費者金融はあらゆる会社の情報や過去の貸付データを持っています。会社名と勤続年数・年齢・役職からある程度年収を予測する事も可能です。その予測とあなたの申告額とに大きな差があった場合には、条件にはなくても収入証明を要求する事があるのです。

また、もしもウソがバレてしまった場合には、間違いなく審査に落とされるでしょう。そして今後その会社からは一切借り入れができなくなってしまうかもしれません。

消費者金融の申し込みの際はとにかくウソ偽りの無い正直な申告をする事が大切です。プロに小手先のごまかしは通用しないと思って、年収の水増しなどはしない方が無難でしょう。

【参考ページはこちら】
契約しやすい消費者金融会社ってどこ?

消費者金融の審査で年収ごまかす、という事は

キャッシングやカードローンを利用したいと考えた際に、大切になってくるのが、審査です。審査に通らなければ、キャッシングやカードローンを利用する事が出来ないだけでなく、審査落ちは、信用情報に傷がつき、それにより、今後、住宅ローンや様々なローンの審査に通りにくい状態になる可能性があります。

そんな審査の際に重要になってくるのが、現在の年収です。大手メガバンクのように審査が厳しいとされている業者の場合、年収に関する基準が厳しい事があるのに対し、消費者金融などの場合は、その基準が比較的甘くなっているとされています。

ですが、消費者金融の場合、年収は審査だけでなく、今後の借入にも大きな影響を与える事になります。消費者金融の場合、年収の1/3を超えての借入をする事が出来ないという、総量規制の対象となります。ですから、年収がいくらあるかによって、借入できる限度額が大きく変わってくる事になります。(こちらもご参考に→消費者金融の借り入れ額と年収の関係

年収が360万円ある人の場合、借入限度額は120万円となりますが、年収が180万円の人は、借入限度額が60万円となってしまいます。ですから、少しでも多く借入したいけれど、現在の年収が低い人の場合、年収ごまかす事を考えるという事は珍しい事ではありません。

年収をごまかす事により、審査が通りやすい状況になり、実際にそのごまかした年収で通るという事もありますが、ごまかしは虚偽の申請で、いつかばれる可能性が高くなります。年収で嘘をついた事がばれると、そこで信用は一気に失われ、今後に大きな影響が出る事になります。

年収が低い事で借入が出来るかどうか不安という場合は、希望限度額を低く申請する事で、通りやすい状況を作れますし、いずれ今より多くの金額を借りたいと考えている場合は、正直に申請をしている方が、業者に信用をして貰いやすくなります。ですから、事情があったとしても審査の際に、年収をごまかす事はしない事が大切になってきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.