消費者金融の借入は銀行の審査に影響するか

キャッシングベスト3

消費者金融での借入は住宅ローンなどの銀行の審査に影響する?

消費者金融で借入があります。銀行の住宅ローンを利用したいと思っていますが、消費者金融で借入れがあると住宅ローンの審査に影響すると聞きました。本当ですか。

消費者金融での借入が必ず審査に影響する訳ではないのです

住宅ローンの審査に消費者金融での借入れが必ず影響するかと言うとそうではありません。もちろん借入れは無いに越した事はありませんが、良く言われるように消費者金融での借入れ履歴があると完済していても住宅ローンの審査に落ちるとは限りません。

ただ返済状況で遅延が度々あるとか、以前金融事故があったなどと言う場合は影響する事は当然ありますよ。しっかりと返済期日を守り優良顧客であるのなら反対に信用情報はプラスになる場合もあります。

住宅ローンの場合特に重要なのは年収に対して何倍の借入金であるかと返済比率はどうかと言う事です。通常年収の5、6倍、返済比率が30%から35%以内と言われています。返済比率はすべての融資金額に対しての比率ですから、住宅ローンの他に消費者金融での借入れがある場合はその返済金額も含めてと言う事です。

この返済比率は上限ですから実際にはこの比率より低ければ低い程良い訳ですよね。そういう意味では消費者金融での借入れ金額が影響すると言う事はないとも言えないと言う事です。

住宅ローンを申し込む前に自分の年収、それに対しての住宅購入金額や返済金額の状況を踏まえて、消費者金融からの借入れ金額をプラスしての返済比率をシミュレーションして下さい。比率が高くなるのなら消費者金融の借入れ分は完済すべきでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&A

消費者金融から借りると銀行の審査に影響するのか?

銀行から住宅ローンを借りる時、銀行は属性調査で他社からいくら借りているかを聞いてきます。この時いくら借りているかを住宅ローンの契約書に記入する訳ですが、この時銀行は借りている額から毎月の返済額を想定して、住宅ローンを借りた場合の住宅ローンの返済額と他社借入の返済額を足して毎月返済可能かを確認します。

この時返済が出来ないと判断されれば住宅ローンの審査が落ちます。ゆえに消費者金融から借りれば銀行の審査に影響するということです。しかし消費者金融だから審査に通らないというわけではなく、銀行カードローンだったとしても返済が出来ないと判断されれば審査で落とされます。
(⇒半年前に消費者金融の審査に落ちたけど、そろそろいける?

銀行の審査はどこから借りているから落とすというものではなく、毎月いくら返済するのかで決まります。だから年収が有り、毎月の返済額が少なくて銀行から借りても問題なく返済されるならば全く影響しないということです。

この時消費者金融からいくら借りているかを黙っていたとします。銀行は他社からいくら借りているかを知りようが無いので、そのまま銀行の審査が通過します。ただ今度は住宅ローンの融資の返済を保証する保証会社の審査が有ります。保証料は金利が低い分保証料も低くなり住宅ローンの場合、保証料は年1%を切ります。

その代わり保証料が低い分保証会社の審査が厳しくなります。それで保証会社が住宅ローンの申込者の信用情報を信用情報機関に情報開示を請求して、申込者の他社借入状況をチェックします。それで消費者金融から借りているのがばれて、嘘の報告をしたということで審査を落とします。

そして銀行側にも保証会社から審査で落とした理由が行って、銀行側も保証会社からの報告を聞いて、この人は虚偽記載をするということで社内ブラックにします。だから嘘ついて他から借りていないことにすると、効果が無いだけではなく余計印象が悪くなるから、やめた方がいいです。

消費者金融から借りると銀行の審査に影響します。ただ借入額が年収に比べて少なければ、全く影響してこないので、影響するしないは借入の額で決まります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.