消費者金融の借入額と年収の関係って?

先日、生まれて初めて消費者金融でお金を借りました。事情はいろいろあるのですが、できれば100万円ほど借りたいと思っていました。借りる前に、年収の3分の1以上は借りられないのだということは調べて知っています。

100万円借りるなら源泉徴収票が必要らしいので、それも用意していました。年収は450万円ほどです。なので大丈夫だと思っていたのですが、実際に審査に通った額は30万円でした……。これって、信用がないということなのでしょうか?

最初は実績がないので、あまり高い限度額はもらえません

信用がないというなら、ないでしょうね。初めて借りるのですから、返済実績などもありません。つまり消費者金融からしたら、「貸したらきちんと返してくれるか」が判断できません。なので最初は少ないのが普通なんですよ。消費者金融では、一社での限度額が50万円を超える場合には、源泉徴収票などの収入証明書類の提出が必要になりますね。

その手間を嫌うのか、50万円を超える限度額はなかなかもらえない、という噂も聞いたことがあります。とりあえず、30万円も借りられてよかったと思いませんか?

借りたお金を返し続けて、返済実績がついてくればいずれ限度額の増額も可能になります。増額してもらえるまでに、だいたい数か月から一年程度はかかると言われています。気長に待ちましょう。それまで待てないというのでしたら、他で借りるしかありませんね。

ご存じのように、キャッシングでは年収の3分の1までなら借りられる可能性があります。複数から借りる場合には、その合計額がです。

ただし、借りられるからと言って借りてもいいかは、よくお考えになってくださいね。年収450万円でも100万円の返済は簡単ではないでしょう。消費者金融のホームページを見ると、返済シミュレーションというアプリが設置されています。

毎月の返済額やどれくらいの期間がかかるのか、利息の総額はいくらになるのか、などが算出できます。これを使って返済計画を立てられたうえで申し込まれてください。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査基準についてもっと詳しく!

消費者金融の借入額は年収と関係があるの?

消費者金融の借入額は自分の年収がかなり大きく関係してきます。総量規制という法律があるので、まずはこの内容を知っておくことが大事です。総量規制は融資額に制限を加える内容であり、年収の3分の1までしかお金を借りることができないことになっています。

そのため、借入額の最大額は自分の年収の3分の1までということになります。年収が300万円の人なら100万円までしか借りることができません。年収が全くない人はお金を借りれないということでもあります。

消費者金融から借りるときは基本的に総量規制を元にして審査が行われるので最大借りれる金額は自分でも把握することは簡単です。

これを前提として、審査の中で収入から返済能力が考慮されていくらお金を借りれるのかが決まることになります。300万の収入に対して100万までなら借りれるわけですが、これは絶対に100万借りれるとは限らないということです。

消費者金融へ申し込みをするときに他社ですでにお金を借りている状況だと、その借入額は考慮されるので、これから申し込む会社で借りれる金額は少なくなります。すでに多くのお金を借りている状況になるほど、審査に合格するためには高い返済能力が必要となってくるので覚えておくとよいです。

消費者金融の借入額は上記のようになっていますが、これが銀行になると話が変わります。銀行は総量規制が適用されません。総量規制は貸金業者に適用される法律です。銀行には融資に制限がないので、上記の例にある300万に対して100万以上借りることができるようになります。

しかし、この場合でも結局は返済能力がポイントになるため、審査が厳しい銀行だと100万以下の融資になることも十分にあります。

消費者金融から借りるときは金利に注目することが多く、金利の下限利率はとても魅力的に見えます。しかし、上記を知っていると下限利率を適用してもらうためにはかなり大きな収入がなければならないことがすぐにわかります。金利を見るときの参考にしておくとよいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.