外国人でも消費者金融で借入できますか

5年前に日本にきたフィリピン人です。大手工場で5年間、契約社員で働いています。今度、母国から家族が遊びに来るので、いろんなサービスをしてあげようと思いますが、お金が足りません。消費者金融でお金を借りたいのですが、外国人でも借りれますか。

外国人の方でも借入できますよ

外国人の方だからと言って、初めから借入出来ないなんて事はありませんよ。ただし、最低限、日本語の会話、読み書きが出来る必要が有ります。消費者金融では、外国人向けの対応はしていないので、通訳などを使う事なく、日本語が理解出来る事は、大前提となります。

次に、安定した収入が有る事です。これは、日本人が申し込みした時と同じです。バイト、パートの区別に関係なく、継続的に仕事をしていることが大切です。返済能力があるか判断するための、一番重要なポイントになります。

次に、日本の滞在実績です。勤続年数と比例しますが、少なくとも1年以上滞在していないと、安定した収入と言う点でも、矛盾が生じてきますので、審査を通過出来るだけの、証明材料になりません。永住権をもっていたり、配偶者が日本人であったりと、長期滞在しているとわかれば、問題ありません。

最後に身分証明書の提出が出来る事です。中長期の滞在者には写真付きの在留カードが交付されているので、それを確認に使用します。不正なルートで日本に滞在しているのでなければ、なんの問題もなく借入審査を通過する事が出来ます。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&A

外国人が消費者金融でキャッシングを利用する条件

近年ではどこの地域でも外国人の方達を見かけるようになり、一昔前に比べると他国の方達が店舗を出していたり、留学生や外人講師などといった方達も多く日本もグローバルになってきました。

外国人が消費者金融で借り入れをする事は可能ですが、最低限日本語を理解する事が重要で、会話だけではなく読み書きができるなどが必要な条件になってきます。

日本で安定した収入がある事も消費者金融で借り入れをする時の条件でもあり、月々定期的な返済が出来るという点がポイントになります。

収入がないと返済の見込みがないとされ借り入れが難しく、外国人に限らず消費者金融では20歳以上の方で安定した収入が求められます。
(⇒消費者金融の融資可能額は年収のいくらまで?

その他では、日本の滞在実績であり日本で年単位での滞在実績がないと安定した収入の証明ができなく、日本の永住権や定住者や日本人配偶者などの長期滞在者であれば問題なく利用できます。

日本人にも同様ですが、身分証明書が借り入れをする時に必要なので、身分が証明できる外国人登録証や永久査証などを準備する必要があります。

消費者金融の金融機関では、身分が確認できて安定した収入がある人であれば、返済能力があると判断し法律の範囲内で融資額を設定し融資を受ける事ができます。

外国の方だけではなく、日本人であっても返済能力があり身分の証明が必要で借り入れは安易にできない事で、闇金などの甘い審査ではなく、きちんとした審査を受けてから融資を受ける事ができるので、その分安心して安全な借り入れをする事ができます。

今ではテレビでも毎日のように見る事になった消費者金融では、外国人の方でも最低限の審査の条件をクリアする事で、即日融資が受ける事ができるので何か質問などある場合はオペレーターとの相談などができるので、初めての方でも安心して借り入れをする事ができます。

1万円などの少額から500万円などの大金までと、必要に応じた借り入れができて店舗へ行く事もないので便利に利用できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.