メガバンクと消費者金融の関係を教えて

キャッシングベスト3

メガバンクと消費者金融の関係は今どうなっているのでしょうか

コマーシャルなどを見ていても、○○銀行グループと言う消費者金融会社が増えているように思います。大手銀行と消費者金融会社はもともとまったく違ったイメージだったので、何だか不思議な感じです。いったいメガバンクと消費者金融の関係ってどうなっているのでしょうか。

消費者金融とメガバンクはお互いの良い所認め共存しています

最近の消費者金融はメガバンクとの提携により、今までの消費者金融と言う少しマイナスなイメージを明るい健全なものに変更させました。メガバンクの傘下に入った会社やグループとして提携した会社がありますが、メリットはいずれも銀行と言う後ろ盾を持ち、資金面でもイメージ的にも顧客に安心感を与えると言うものです。

軒並み大手の消費者金融会社がメガバンクと提携した理由はここにあります。貸金業法の改正により利息の面も貸付金額も規制され、消費者金融会社は生き残りをかけて良質な顧客の獲得を考えるようになったのです。大手銀行のグループと言う信頼感はやはり大きいですよね。

大手銀行もまた、今までは大きな金額のローンを中心の貸付を行っており、無担保の小口融資と言う営業についてはあまり得意ではありませんでした。そこで無担保小口融資についてのノウハウを持っている消費者金融会社との提携により、審査のより迅速さ、小口融資の迅速さと言うものを手に入れたのです。

このように両者はお互いに補いあいながら共存しているのです。また顧客も消費者金融からお金を借りていると言うよりも、大手銀行グループの会社から融資を受けていると言う方が安心出来ますよね。三者三様に何らかのメリットがあると言う訳です。

【参考ページはこちら】
その他の金融業者でお金を借りたい方はこちらへ

メガバンクと消費者金融会社との関係について

以前は、大手の消費者金融会社は、どこの銀行グループにも属さず、独立経営を行ってきました。しかし、貸金業法の改正により、利息制限法を超える高金利(いわゆる、グレーゾーン金利)での貸し付けが禁じられ、収益が低下しました。

それに追い打ちをかけるように、過去にグレーゾーン金利で貸し付けていた場合の利息が、過払いであると判断され、過払い金請求が続出しました。これにより、大手の消費者金融会社は、それぞれ経営基盤が傾いていくことになりました。

ただでさえ、昔のサラ金のイメージが強かった消費者金融会社は、信用力の低下によって経営が立ち行かなくなるところも増えてきました。

そこで、これらの会社の一部は、メガバンクをはじめとする大手銀行グループと提携し、あるいは、その傘下に入ることにより、生き残りを図っています。例えば、業界大手のアコムは、メガバンクの一角である三菱東京UFJ銀行グループの子会社となりました。

また、同じく業界大手のプロミスは、メガバンクの三井住友銀行グループの子会社になり、社名も、SMBCコンシューマーファイナンスと名前を変えました。

メガバンク等の大手銀行との提携により、これらの消費者金融会社は、銀行の資金力と信用力を得ることになりました。キャッシングを利用する側からしても、バックに有名な銀行グループがついていると、違法な取り立てなどをしないだろう、という安心感があり、利用しやすく感じるでしょう。
(⇒契約しやすい消費者金融会社を教えて!

また、消費者金融のキャッシングは、ATMを利用してお金を引き出すようにして借り入れができるのが1つの利点です。土日・祝日、あるいは、平日の夜間など、店舗窓口が開いていないときに、急にまとまったお金が必要になったときでも、ATMに駆け込むことによってすぐにお金を借り入れできます。

この点について、大手銀行と提携することにより、それらの銀行のATMも利用することができるようになるため、利便性が一層アップする点も大きなメリットです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.