消費者金融を併用することはできるの?

仕事を変わったばかりで、引越しなどお金のかかる局面が続いています。正直、まとまったお金がないときつい状態です。そこで、消費者金融に何社か申し込もうかと思うのですが、友達から「あんまりたくさん申し込むとお金に困っている人扱いされるから不利だよ」と言われました。これって本当ですか?その場合、何社以上だったら平気、という基準はありますか?

何社までなら、という基準はわかりませんが、不利なのは確かです

消費者金融を併用できるのか、ということについて。よく「何社までなら平気」「何社以上はアウト」という噂が飛び交っています。では、実際のところはどうなのでしょうか。判断の基準となるのは、「年収の3分の1」という数字です。聞いたことがある人も多いかもしれませんが、これは、「総量規制」と言って、「ここまでなら貸付をしてもいいよ」という基準となる数字です。

裏を返せば、「これ以上の貸付はしてはいけないよ」という基準であるとも言えます。この数字を超えてしまう場合、1社だろうが、3社だろうが、申し込みがアウトになってしまうのは言うまでもありません。

まず、併用を考えている人は、「自分がどこの消費者金融でどれだけの金額の申込をしているか」をチェックする必要があるでしょう。また、併用することのデメリットには次のようなことも挙げられます。

それは、「この人はお金に困っている人」とみなされてしまうリスクがあるということです。特に、短期間に複数の消費者金融に融資の申し込みをしている場合、そのようにみなされて、結果として借入を断られた、というケースはあとを絶ちません。具体的に短期間、というものがどれぐらいなのか、というのは難しいところです。

ただ、3ヶ月位だと短期間とみなされる可能性が高いです。「他社に申し込みをしていることを隠して申し込めばいい」と思った人もいるかもしれませんが、それは事実上不可能と考えましょう。信用情報機関のデータベースには、ちゃんと他社での申し込みの履歴も残っているのですから。

【参考ページはこちら】
消費者金融申込み、2社まではブラックにならない?

カードローン等で消費者金融を併用できるのか

消費者金融というのは銀行以外の貸金業者の総称であり、日本においては全国的に有名な会社の他に地域性の高いものがいくつか存在しています。それらの消費者金融を併用できるのかという問題については、基本的に併用は問題ないという結論に達します。それは消費者金融ごとにサービス内容には様々な特徴があり、それらを使い分けていく自由が消費者にはあるからです。

この様な使い分けは既に契約が完了している場合に問題なく使用することが出来ます。しかしながらある消費者金融のサービスを使用しながら、また別の消費者金融のサービスを契約申請した場合はその時々によって異なった反応になる場合があります。

既に契約している消費者金融の借入残高が既に少なくなっている場合にはそれほど問題になることはありません。しかし残った借入残高が高い場合には障害が発生する可能性があるでしょう。

まず第一に消費者金融は総量規制と呼ばれる法律の規制を受けています。そのため借り手は年収の3分の1以上の借り入れを行うことはできません。これに違反して貸し付けを行うことはできませんので、契約そのものが出来ないと判断される場合があるのです。

または年収があっても沢山の借入残高がある場合には消費者金融側の基準に抵触して契約が出来ないという可能性もあります。そもそも審査というのは貸し付けを行うのにふさわしいか否かを判断するものですので債務が大きい状態で新規契約を希望するということそのものにリスクを感じるのは自然なことであると言えるでしょう。

世の中には多くのローンを一括で返済して金利を下げるというおまとめローンという商品が存在しています。そのためわざわざ消費者金融のサービスを選択する理由が明確でなければ契約には慎重になるのが普通なのです。

そのため消費者金融を併用できるのかどうかというのは既に契約していれば問題なく行えますが、新規で契約して使うのであれば借入残高次第であると言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.