消費者金融と銀行では何故利子が違うか

キャッシングベスト3

消費者金融と銀行のカードローンどうしてこんなに利子が違うの?

カードローンに申込みたいと思っています。銀行のカードローンの利息と消費者金融のカードローンの利息はどうしてこんなに違うのですか。

銀行のカードローンは顧客品質リスクが少ない分低金利を実現

消費者金融のカードローンの金利は概ね上限金利が18%なのに比べ銀行のカードローンは14%前後と言う違いがあります。これは何故なのかと言う事ですよね。まず金利は融資する為の重要なポイントです。融資する側はこの金利によって利益を得る訳です。その利益の中にはもしも回収不可能な顧客がいたらと言う場合の不利益も含まれます。

全員が間違いなくきちんと返済してくれれば低金利でもそれだけ充分な利益となるのです。もちろんそれは無理な事で、顧客の中には返済不能になってしまう人もいます。そのリスクを踏まえた上での金利設定となる訳です。

消費者金融会社は貸金業法が改正になる前、かなりの高金利での融資を行っていました。複数他社での借入れがある人や信用情報でマイナス要因のある人にも積極的に貸付を行っていた為に回収不可能となるリスクを背負っていた為です。

現在では利息制限法も施行され、消費者金融会社もその制限法に則った金利設定となっています。その為、顧客品質の向上を視野に入れての審査を行っているのも実情です。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも審査が厳しいと言われていますが、それはこのリスクを最小限に抑える為に良質な顧客への融資を行っていると言う事なのです。そして消費者金融会社も同様に顧客の品質にこだわり初めているのです。
(⇒消費者金融会社の中でも契約しやすいのはどこ?

その為、実績を積んだ優良顧客には金利設定を低めに出来るよう努力をしています。消費者金融会社を選んでも銀行のカードローンを選んでも、計画的に借り入れ無理のない返済で自分の信用を積むようにして下さいね。

消費者金融と銀行の利子の差についての基礎知識

消費者金融も銀行も同じく金融機関です。しかしながらこれらの金融機関はそれぞれに異なる法律によって規制を受けている全く別の組織であるということをしておく必要があります。しかしこれらの金融機関からは同じようなサービスが生まれています。例えばカードローンなどの様な人気のあるサービスは、その詳細こそ違いますが銀行からも消費者金融からも発行されているのです。

これらのカードローンという金融商品はこれまでの融資とは違い、非常に手続きが簡単であるのが特徴になっています。最も違うのは連帯保証人など債務に関する保証人を自分で立てる必要が無くなったという点にあります。

これらの特徴は保証会社と呼ばれる第3者機関の登場により生まれました。この保証会社は借り入れを希望する個人の信用情報を参照し、保証人を買って出ることが出来るかどうかを判断することで従来の融資の場合の連帯保証人の役割を務めます。このことにより契約時に契約者が自分で連帯保証人を探してくる必要が無くなり、速やかに契約を締結することが出来るようになったのです。

この様なカードローンサービスを選択する際に気になるのは借り入れの際に必要になる利子ではないでしょうか。現実的にはこの中に保証会社への保証料も含まれていますのでそれなりに大きな数字になってしまうのは避けることができません。

しかしながらそれでも手軽に契約することが出来るカードローンには人気が集中しています。この李氏は本当にその金融機関の考え方次第というところがあります。そのため銀行と消費者金融のどちらが安いとか高いということはないのが一般的です。

銀行も一時的に金利を下げるなどの顧客獲得に力を入れていますし、消費者金融も一定期間のみ利息なしなどの独自のサービスを展開しています。利子に関してはサービス選択の重要な決定要因の一つになりますのでしっかりと確認をするようにしましょう。また、利子の見直しは随時行われていますのでその点も注意が必要です。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&Aもチェック!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.