消費者金融で聞かれる年収の根拠は何か

キャッシングベスト3

消費者金融に申込時聞かれる年収の根拠はどういった事でしょう

消費者金融に申し込みをすると記入欄に年収を書き込む所があるでしょ。あれって何の根拠があるの?年収って必要なのかな。

消費者金融会社は回収見込みがあるかどうかを確認するのです

融資する時、消費者金融会社はまず申告内容から審査を行います。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準についてもっと詳しく!)氏名、生年月日、住所で信用情報照会をするとともに、勤務先や勤続年数で信用できるかどうかを確認します。

そして年収によって融資金額を決定します。消費者金融は総量規制対象なので年収の3分の1以上の貸付は出来ません。多くの消費者金融は50万円までは収入証明書を不要としています。

ただし他社でも借り入れがあり、限度枠の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要な場合もありますが、収入証明書は不要でもだいたいどの位の収入なのかはやはり融資を行うにあたって確認するのは当然ですね。

年収は融資した金額を間違いなく回収できるかどうかを確認するために、どうしても必要な記載事項となります。収入を重視しない場合でもやはり大まかな収入は確認しますよ。だからと言って嘘の申告は返って不信感を招きますから、正直に年収を記入して下さい。特に他社での借入れがある場合はあとで収入証明書の提示を求められる事もあるので注意が必要です。

総量規制対象外の銀行のカードローンは100万円くらいまでの借入金額なら収入証明書は必要ありませんが、消費者金融は総量規制対象です。

やはり収入の額が重要になってくるのです。収入の額が少ないからと言って審査に落ちるとかそういう事ではなく、収入を把握したいと言う程度なのであまり心配する必要はありませんよ。毎月安定した収入があると言う事が何よりも大切な事なのです。

【参考ページはこちら】
消費者金融の申込みで年収をごまかすことはできる?

消費者金融を利用するときの年収の根拠はなに?

消費者金融からお金を借りるためには年収がポイントになってきます。年収によっていくらの金額を借りることができるのかが決まります。

ここで一つの疑問として申込者の年収の根拠はどこにあるの?と疑問に感じる人がいると思います。申し込みをするときは必要書類があり、これは身分証明と収入証明です。この収入証明がまさに年収の根拠となる書類なので、書類から確実に申込者の年収が把握されることになります。

収入証明は源泉徴収票や給与明細を利用しますが、会社で仕事をしていない人の場合はこれらの書類を用意することができないので確定申告を用意します。そのため、どのような人が申し込みをしても必ず年収の根拠となる書類を提出するので、しっかりと年収は知られてしまいます。

しかし、色々と消費者金融の情報を調べていきますと収入証明不要という言葉を見かけることがあります。これは怪しい内容ではなく、一定の限度額までなら身分証明だけで申し込めるという内容です。これだと、上記に書いた収入証明を出す必要がないので年収を把握されません。

ですが、こうした申し込みを消費者金融で行う場合は安定した収入があることが前提となっていることが多く、在籍確認から勤務先を先にチェックされます。そのため、無職の人などはお金を借りることが難しいです。(こちらもご参考に→無職で借りられる消費者金融、実在する?

消費者金融には総量規制があるので必ず収入証明が必要ですが、銀行系の会社や銀行になると収入証明不要で申し込むことができ審査において年収が不問になるのでかなり合格しやすくなることを覚えておくと便利です。

しかし、収入証明がないことで大きな限度額を借りることは難しくなるため、大口融資を希望する人はやはり年収の根拠となる書類をしっかりと提出して返済能力を判断してもらう必要があります。

年収の根拠となる収入証明を提出して申し込むのか?それとも身分証明だけで申し込むのか?これは人によってどちらのほうが都合がよいのか変わってくるので、しっかりと判断することが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.