消費者金融で借入ありマンション経営可能か

キャッシングベスト3

消費者金融で借入がありますが、マンション経営に問題ありますか

将来の為にと、2000万のマンションをローンで購入して、マンション経営投資をしようと思っています。その準備金として、消費者金融で50万借入してありますが、何か問題は有りますか。

マンションの借入金額が、希望通り借りれないかもしれません

消費者金融の借入は、総量規制の対象になりますので、年収の3分の1まで借入可能です。マンションの購入は、住宅ローンに該当し、総量規制外となります。この2つは、お互い干渉しあわないので、問題は無いように感じると思いますが、実際は審査の対象になってたりします。

住宅ローンを組んだ後に、消費者金融で借り入れ申し込みをする場合は、審査を通過しますが、消費者金融の借入が先に済んでいて、その後住宅ローンを組むと、消費者金融での借入分が減額されるか、審査を通過出来ない可能性があります。

住宅ローンは、大きな買い物です。融資する銀行側も、貸付する相手をじっくり調べます。法的になんら問題のない消費者金融の借入がたった一つあっても、銀行は不安材用を嫌い、取り除きたいのです。

ですので、タイミングを入れ替えれるのなら、住宅ローンの申請を先に通しておいて、その後、消費者金融で借り入れ申し込みすれば、両者の審査は通ると思います。

今回の様な、マンション経営を目指す場合は、急な出費の時の為に、限度額を上げておくことをおススメします。いろんなローンを組んだ後に、限度額を上げる申請をしても、審査が通らない事が有ります。スムーズにマンション経営が始められるように、事前準備をしっかりすると、良いと思いますよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用しやすい職業ってあるの?

マンション経営でも消費者金融から借りられるのか?

マンションを保有していてマンションからの家賃収入で生活している人が、消費者金融から借りる場合ですが、まず法人登録していなければ無職ですから、無職の場合は審査が通りません。しかしこの場合は、個人事業主となり個人事業主として借りることが可能になります。
(⇒事業者向け消費者金融はありますか?

しかも個人事業主なら総量規制の対象外ですから、貸出額に制限が無くなります。だからいくらでも借りることが可能になります。

それでマンション経営者が消費者金融から借りる場合は、普通のカードローンでは無く、個人事業主専用のカードローンのサービスが有りますから、そちらを利用することになります。金利も普通のカードローンと同じですが、必要書類が借り入り希望額が100万円未満ならば確定申告書の写しです。

しかし100万円を超える場合は、青色申告の青色申告決算書の写しで、白色申告の場合は収支内訳書の写しが必要になってきます。

これらの書類は1期分で良いです。しかし業歴1年以上で無いと個人事業主として融資を受けることは出来ません。それでカードローンを作る人は、ほとんどの人がサラリーマン時代に作ってそのまま利用して、業歴1年以上になってから個人事業主ローンに切り替えています。

切り替えるメリットは切り替えれば事業資金にも使えるようになり、用途が広がるのと、総量規制の対象外になるメリットが有ります。どっちにしろ個人事業主に代わったなら、消費者金融側にそのことを報告しなければならないし、そして業歴1年以上になれば案内が来て変えなければなりません。

そしてサラリーマンとして働いていても、業歴1年以上ならば個人事業主として借りられます。個人事業主として申し込めば在籍確認とかが無いから、個人事業主向けのカードローンの方が都合がいい場合が有ります。

しかし年収がサラリーマンの方が多ければ、サラリーマンで借りた方が多く融資を受けられますから、どっちが有利かは人それぞれで優劣はつけられません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.