銀行系消費者金融は主婦の利用者が多いの

キャッシングベスト3

銀行系消費者金融を使っている人は主婦が多いと聞きました

主人の給料が減りましたが、何とかやりくりして生活しています。ですが、冠婚葬祭などで急なお金が必要な時があります。いざという時の為に、ローンカードを作りたいのですが、私は専業主婦なので収入が有りません。どこなら申込出来るのでしょうか。銀行系の消費者金融を使っている人には主婦が多いと聞きましたが本当ですか。

銀行系消費者金融には、主婦の利用者が多いです

初めてカードを作るなら、やっぱり銀行系の消費者金融です。魅力は知名度の高さと銀行系という安心感ですね。一般の消費者金融と仕組みは対して変わりまりませんが、銀行やコンビニのATMでも使える利便性は、忙しい主婦としてはありがたいものよね。

そして、主婦の利用の多い最大の理由は、無職の専業主婦でもローン審査が通りやすい事なの。
貸金業法の総量性規制って聞いたことあるかな。借入金の返済で困らない様にと、借入出来る金額を規制する法律が出来たんだよ。そこには、収入の3分の1までしか借入出来ないことになってるの。

じゃあ、専業主婦なんて無職だから申込できないってことになると思うでしょ。それが、出来る方法があるの。銀行系の消費者金融なら総量性規制の例外というのが適用されて、夫婦で3分の1まで借入できるのよ。

つまり、旦那さんの収入が安定していて、返済能力が有ると認められれば、主婦が申し込みしても審査に通るってわけ。だから、専業主婦の利用者さんが多いみたいよ。申込手続きも、インターネットや、電話で簡単だし、必要書類も免許証などがあればすぐ完了しちゃうのよ。カードもおしゃれなものが多いから、ローンカードってわかりにくいから、恥ずかしくないからいいわ。

【参考ページはこちら】
専業主婦は消費者金融で借りられない?

銀行系消費者金融を使ってる人はどんな人か

皆さんは消費者金融についてどのようなイメージをお持ちですか、また消費者金融を利用されている方はどのような理由でかつ、どのような目的で利用されているのでしょうか。

2010年の出資法が改正させる前まではグレーゾーンという極めて曖昧な線引きのされていない貸付金利が存在しました。

これは所謂、違法と言われ罰則の対象になる上限の金利と消費者金融とが貸し出す上限金利との間にある金利帯を指し、その部分が果たして違法なのか、罰則の対象なのかということで物議を醸しつつも事実上、消費者金融側はその金利で貸し付けていたということもあり、金融庁が出資法、消費者金融法の両観点から改正に踏む切ったというものです。

これにより出資する側、つまり貸し付ける側にも制限が敷かれるようになり、違法な金利での貸付が出来なくなりました。その結果、これまでのように無計画で貸付られ、挙句の果てに土地や担保をすべて失い破産する方が減りました。

グレーゾーンの撤廃により一見、消費者金融市場が安定しているように思われがちですが、まだまだこの業界には問題が残っています。つまりはブラック企業と呼ばれる高利貸付け業者が存在しており、ひとたび返せなくなると、また違う金融会社から金を借りさせエンドレスに借金の地獄から抜け出させない環境を作る企業が現れたのです。

そのため、最近では健全性をアピールし、合法な金利でお金を借り、かつ必要以上にお金を貸し付けない業者、つまりはコンプライアンスを重視した業者を最優先にアピールするという風潮があります。要するに信用できる業者を全面に出すためには確かなバックボーン、社会的信用、つまりは名前に傷が付くと困るような業者であることが重要です。

そこで注目を浴びているのが銀行系消費者金融です。つまり、都市銀行や地方銀行などがメインバンクとしてバックにおりそこから派生したサービスとして消費者金融を営んでいるという訳です。使ってる人はそれらの銀行に口座があったり何らかのサービスを受けている人が大半です。
(⇒消費者金融会社の中でも契約しやすいのはどこ?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.