同居の親にバレずに消費者金融に申込めるか

キャッシングベスト3

同居の親にバレずに消費者金融のカードローンに申込めますか

親と同居していますが、急な出費があった時の為にカードローンの申込みをしたいのです。親に知られずに消費者金融に申込むにはどうすれば良いのでしょうか。

ネットで申込み、カード受け取りを店頭窓口にすれば大丈夫

消費者金融での借入れはサラ金と呼ばれていた少し前なら高金利なイメージがあり親御さんにすれば心配な事のひとつですよね。今では利息制限法施行で金利も上限が定められ、きちんと計画的に借り入れをするならいざという時に力になる便利なカードとなっています。

それでも出来るなら親御さんに心配をかけないようにしたいと言う事ならインターネットで申込み、カード発行を窓口か無人契約機で行えば家族に知られる事なく申込み完了出来ますよ。

各消費者金融会社のホームページで詳細確認出来ますが、ネットで必要事項を入力したら審査状況の回答メールが届きます、本人確認書類などもメールFAXで送信可能、カードは後日の郵送となるので、カード発行のみ窓口か無人契約機にて発行とすれば良いのです。

後は申込み確認の電話がかかりますが、これは固定電話のみでなく携帯電話への確認も出来ますから携帯電話希望とすれば良いですね。

勤務先への在籍確認は必ずありますが、もちろん消費者金融会社からとわからないような配慮はされますので安心して下さい。その他で家族に知られるとしたら、返済を遅延した場合の督促状です。これは止める訳にいきませんから、返済期日をうっかり忘れるような事のないように、気を付けて下さいね。

万が一返済期日を忘れてしまっていたらすぐに担当窓口に電話して早急に支払うようにして下さい。連絡をする事で督促状を止められる可能性があります。家族に知られないようにして借入れするのだから、決して心配をかける事のないように、計画的に借り入れてきちんと返済しましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するオススメQ&Aはこちら

親にバレずに消費者金融からキャッシングするには

20代から30代にかけての若い世代の方は、様々なものに対して好奇心が旺盛で、欲しいものややりたい事、挑戦したいことなどがたくさんあるものでしょう。人生を謳歌するために、様々なことに挑戦するのはとても大切な事ですし、無理にその好奇心をとめる必要はありません。

しかし、何をするにしても、どんなものを買うにしても、それなりのお金が必要になります。若い時は仕事も始めたばかりで、満足な貯金もないのが当然です。大人が使うような大きなお金を手にするのは大変ですし、それを用意するにも時間が掛かります。そのような時に、キャッシングなどをして、その後月々の返済というサービスは役立ちます。

しかし、初めてキャッシングをする時、それがどんなに信用のある会社であったとしても、勇気がいりますし、どんなものか分からないため、怖いというのもあるでしょう。

そして何より、親にキャッシングがばれないかという不安がついてくるものです。親にバレずに消費者金融ということ自体が無理だと考えている方もいるかもしれませんが、そもそも20歳を過ぎた人は未成年ではありませんから親の承諾は必要ありません。

尚且つ、親にまで連絡が入るというのは、キャッシングをした後に、月々の支払いを大幅に滞納してしまったり、金融会社からの連絡を遮断して、音信不通にしたりというような、トラブルを自分が起こした場合だけなのです。

決められた返済方法と返済日、金額をきちんと守っていれば、親を含め誰にもばれずにキャッシングをすることが出来ます。

金融会社から支払いの明細などが送られてくるのではないか、それを親が開封してしまったら、などという不安を持っている方もいますが、これについても、予め明細を郵送しないという設定にしておけば、回避出来る問題なのです。

まずは、窓口などでキャッシングの相談をする際に、相手の説明をしっかりと聞いて、分からないことはしっかり質問してという手順をとれば安心と言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.