(株)クランという消費者金融の実態とは

キャッシングベスト3

(株)クランという消費者金融ってどんな業者だったの?

(株)クランという消費者金融ってどんな業者だったの?

北海道にあった消費者金融の(株)クランって評判が悪いけどどういう会社だったの?僕が見た感じでは消費者金融のバスキーの後にできた会社で、融資ではなく債権回収を行っていたけど結局破綻した(?)というふうに理解しています。探してみたけどホームページも見つけられませんでした。

気になったきっかけはバスキーという消費者金融を利用していたという人が同じ会社にいて過払い請求ができなくなった笑いながら話していたからで、本来はバスキーと過払い金で調べていたんです。そこについてはある程度分かったのでいいんです。

知りたいのは「クランっていう会社は返済し終えている人に支払うように請求をしていたらしい」というネットの情報などについてです。ネットの情報なのでどこまで本当かは分かりませんが、本当のところはどうなのでしょうか。どういう業者だったのか教えて下さい。

破綻してしまった以上真実は闇の中です

私も北海道に住んでいますから調べたことがあるのですが、ハッキリとしたことは分かりません。それでも良ければお読みください。

クランの前身であるバスキーは大手のアイフルの下部組織として活動していたこともある消費者金融でした。バスキーという消費者金融は北海道でも有名でしたね。利用したことはありませんが私も見かけたことがあります。

その後の貸金業法の改正や過払い金の請求で資金繰りが上手くいかずに債権回収業に専念していました。そしてアイフルからネオラインキャピタル(現クロスシード。2013年破産手続き開始)に移り、社名をクランと変えたようですが、それからも債権回収に徹していたそうです。

問題は債権回収の方法ですね。私はヤミ金などのダークなところが名前を語っていたのではないかと思っています。と言いますのも支払い終わった方に請求をするというのは明らかに違法ですからね。悪質というより詐欺の手口ですから、このような方法を登録している業者が用いるとは思えません。

破綻前の最後の足掻きと考えたら、とも思いますが、仮に本当にクランという会社が行っていたのだとしたら真っ当な会社ではなくそっち系の人たちに乗っ取られたと考えられます。すべて推測になりますがなくなってしまった会社のことを調べるのは不可能です。真実は当時の関係者くらいしか知らないと思います。

現在は北海道に登録してある消費者金融業者を調べてもクランという会社はありません。破綻をしたというのは事実なのでしょう。つまりは真実は闇の中ということです。私の調べた範囲ですが参考になれば幸いです。長文失礼しました。

【参考ページはこちら】
契約しやすい消費者金融会社の情報はここでチェック!

(株)クランという消費者金融を利用することのメリットについて

全国的に有名で、知名度の高い消費者金融が存在しています。テレビのコマーシャルやラジオのコマーシャルなどでも注目されているものになり、インターネット上でも宣伝用のバナーなどを目にする機会が増えています。

全国規模を持っている消費者金融の場合では、インターネット上にも専用のサイトを用意していることが多いために、インターネットを通じて利用することができます。そんな中、現在ではカードを一度作ることによって、メリットを得ることができ、急な出費が必要になった際にはカードを持っていることによって、スピーディーにお金を借りることができます。

その一方で地方の消費者金融会社として存在しているものの中には、(株)クランという名称のものが用意されています。メジャーとは言えない部分がありますが、その反面、地域密着型の消費者金融として利用することができ、地元に居住している方の利便性を高めることができます。

(株)クランの場合では、申し込みを行う際の審査について、所定の作業が行われることになりますが、アルバイトをしていて、正社員として勤務をしていない方の場合であっても、定収入を得ている方の場合では、比較的簡単に審査を通過させることが可能になります。(こちらもご参考に→その他の職業で働いている場合の消費者金融利用

また、申し込みのタイミング次第では、即日にキャッシングを受けることが可能とされているために、冠婚葬祭や様々なアクシデントなどが発生した場合でも対応することができます。

以前は異なる名称での消費者金融として営業をしていた経緯がありますが、現在では貸金業の他にも債権回収業務をメインとして行っていることも特徴になります。

キャッシングを利用したお金に関しては、決められた期間内に返済を済ませることによって、十分にメリットを得ることが可能となりますが、そもそもの返済期間を短く設定することによって、支払う金利の部分を減らすことができます。

この点に関しては、収入と比較を行うことが良い方法になり、常に返済計画をしっかりと持つことがおすすめです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.