消費者金融の限度額と年収の関係はどうなっているの?

消費者金融で借入れをする時の限度額は自分で選べるのでしょうか。審査で希望額と異なる額を提示されるという話も聞いたことがあるのですが、実際のところはどうなのでしょうか。収入や資産状況の要素はどのように関連してくるのでしょうか。

収入と法令の範囲内で希望の限度額に近づけるようにしています

消費者金融の会社で展開しているローン商品は融資限度額が何段階かに分かれて設定されていて、申込みをする方が希望の額を選ぶものと、最高の限度額のみが示されているものの二種類にわかれます。

例えば、最高額が300万円で、限度額は50万円きざみで、250万円、200万円、150万円…50万円と設定されていて、希望する限度額の「コースに申し込む」というニュアンスに近いもの。

もう一方は、利用限度の最高額が300万円とすれば、申し込む方が20万円の融資をお願いします」、「40万円の融資を希望します」というように任意の希望額を提示するものです。そうした設定のなかから、申し込む方が申請した金額に対し、年収や総量規制などに照らし合わせて、審査がなされます。

消費者金融の会社にとっては新規顧客の開拓という観点もありますが、申し込んだ方の希望を出来る限りかなえようと努力をします。

そのようなことから、100万円のコースではちょっと厳しいけれども、50万円のコースならば可能です。という審査回答になったり、30万円の申込みですが、20万円の融資が可能です、というような回答になります。もちろん、その逆のパターンの提示もなされることもあります。

利用金額が高い方が年利率が低くなるので利用者にとっては二重に嬉しいことです。

【参考ページはこちら】
消費者金融の利用申込みの時に必要になる書類は?

消費者金融で借りられる限度額は年収で決まります

消費者金融で契約する時、借入限度額はその人の毎月の返済可能額で判断します。だから人によって希望額より少ない金額しか借りられない人や、希望額を上回る金額を借りられる人が出て来ます。それで希望額より少ない金額しか借りられなかった場合は増額を申請して希望額を借りられるようにすることが可能です。

ただ増額を希望しても収入がネックになっている場合は、残念ながら増額は認められません。増額を認めてもらうにはそれだけ収入を増やさなければなりません。収入が増えなければ増額は難しいです。

消費者金融はきちんと返済出来るかを見極めてから貸すから、必ずしも借入可能額イコール借入限度額では無いです。イコールが成り立つようになるのは返済実績を積んで返済に信用を持たれてからです。そして返済実績を認められても、収入が無ければ、借入可能額は増えていきません。

消費者金融は、返済能力で借入可能額を決めていますから、借入限度額も返済能力を決める収入で決められるということです。だから年収がどれだけ有るかで借りられる額が決まります。
(⇒私の年収では消費者金融でいくら借りられる?

さらに総量規制が始まって、個人への貸出総額は他社との合計で年収の3分の1を超えることが出来なくなったので、総量規制の対象である消費者金融は年収で借入限度額が制限される様になりました。だからいくら返済能力や返済実績が有っても、総量規制に引っ掛かればそれ以上は借りることが出来ないということです。

総量規制は、グレーゾーン金利の時と違い、違反をすれば行政処分を受けますから、総量規制の制限を超えて融資を受けることは絶対ないということです。行政処分を受けるリスクを取ってまで個人に貸し出す貸金業者は居ませんから。

消費者金融で借りられる限度額は、契約者の返済能力で決まり、毎月の返済可能額に合わせて決められます。そして総量規制が始まったから、返済可能額以上に年収が重要になり、年収次第で決められるようになりました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.