消費者金融の融資可能額は年収のいくらまでですか

OLをしています。最近、親が病気にかかり入院しています。高額医療費に加え、しばらく病院で付き添いする為、休職することになりそうなので、お金を借入したいと考えています。後日、保険の保障で返済できる見込みはあります。

自分の持つクレジットカードにキャッシング機能はついているのですが、金利が高そうなので、消費者金融で考えています。融資可能額っていくらぐらいなんでしょうか。

年収の3分の1まで借入出来ます

貸金業法の総量規制という法律で決まっているので、例えば年収が300万なら、100万までが借入可能額となります。この100万は、クレジットカードで購入したショッピング代金、住宅ローン、マイカーローンとは区別されるので、ここに表記したもので借入が有っても、心配ありません。

また、銀行からの貸付については、総量規制対象外となっていますので、銀行系消費者金融は、一般の消費者金融の借入額を合算される事なく、借入できます。ですので、一般の消費者金融と、銀行系消費者金融を併用すると、100万以上借入できる事になります。

実際の借入額は、個人の査定により変動しますので、確定金額ではありません。多くの消費者金融では、インターネット等を使って無記名で年収、勤続年を入力することで、即時に仮審査をしてくれます。

借入予定金額、毎月の返済予定金額を入力することで、返済のシミュレーションをしてくれるものもあります。仮審査やシミュレーションで、自分の希望に合うものがあれば、本審査してもらうと良いと思います。

ただし、休職中になると審査に通りにくくなりますので、休職する前に手続きをお勧めします。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査基準についてもっと詳しく!

消費者金融融資年収に決まりがあることをご存じですか

いざというときに気軽にお金を借りることができるのが消費者金融の魅力です。この気軽さは、お金を借りるにも関わらず、担保も保証人も必要がないということや、コンビニのATMなどから24時間いつでも借りることができることなどから来ています。ただ、全く無条件に借りることができるのかというとそうではありません。

実は、消費者金融融資年収によって制限があるのです。これは貸金業法が改定されたことにより、総量規制という法律が新たに施行されることになったからです。この総量規制という法律は年収の3分の1までしかお金を借りることができないという法律です。

融資額に制限がかかるというのは不自由さを感じるかもしれませんが、現実問題として、年収の3分の1を超えるような借金は、普通の生活を営みながら返済するということのが難しくなります。その意味では、利用者を守るという観点からも必要な法律なのです。

この総量規制の対象は今のところ消費者金融や信販系の会社だけで、銀行からの融資には適用されていません。また、年収の3分の1までという制限は、一つの消費者金融からの融資上限という意味ではなく、もし複数の消費者金融からお金を借りるなら、それらの合計が年収の3分の1を超えてはならないということになります。

このルールを守らない場合は、ペナルティが課せられることになりますが、ペナルティは利用者本人ではなく、消費者金融会社が受けることになります。したがって消費者会社は年収の3分の1を超えるような融資をしませんので、実質上本人にペナルティがなくても年収の3分の1を超える融資は受けられないことになります。

借金に借金を重ねることは自分で自分の首を絞めるのと同じです。まずは借金を返済することが大切です。ただし、クレジットカードのショッピングはこの総量規制の対象外になります。そのため融資を受けられなくなり、どうしてもお金が必要になった場合は、クレジットカードを賢く有効利用するという方法もあります。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用する時の年収に関するオススメ記事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.