夜の仕事だと消費者金融から借りづらい?

キャッシングベスト3

夜の仕事だと消費者金融からは借りづらいと聞いたんですが

新卒で中小企業に就職しましたが、転職を考えています。実は学生時代からたまに夜の仕事をしていて、そちらに専念したい気持ちがあります。でも私は少し体が弱くて、通院や入院のために働けないときがあるかもしれません。

そうなったら、最悪は消費者金融で借りるしかないと思うのですが、夜の仕事だと消費者金融からは借りづらいと聞きました。そうなんでしょうか? 夜の仕事を否定する意見は求めていません。借りられるかどうかを教えてください。

簡単に辞められる職業ほど借りづらくなります

職業によって消費者金融の審査に有利、不利があるのは事実のようです。有利なのはお堅い職業ですね。医者、弁護士、公務員、大手企業勤務など。不利なのは、夜の仕事、パチンコ店勤務、日雇い、新聞の勧誘員などだそうです。
(⇒消費者金融を利用しやすい職業って何?

これは単純に、「収入が多いほど有利」というわけではありません。それよりポイントとなるのが、「仕事の辞めづらさ」です。あなた個人の問題ではなく、夜の仕事では簡単に辞めてしまう人が多い、という傾向があるのでしょう。そういった安定しない職業に対しては、貸金業者は貸し渋るようです。

収入面だけを見れば、中小企業より夜の仕事の方が稼げるでしょう。だからといって消費者金融は優遇してくれません。なのであなたが転職をしたいのでしたら、消費者金融をあてにしない方法を考えるべきではありませんか?

せっかく高収入が期待できるのです。自分でしっかり貯金しましょう。保険にも入っておきましょう。備えあれば憂いなしと言いますからね。どうぞ責任感と覚悟を持って転職なさってください。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用中、無職になったら?

夜の仕事の人は、消費者金融と契約ができるのか?

職業が何であれ、年収がいくらであれ、給与とは別で追加してお金が必要になるときがあります。年に数回は急な資金が必要になることがあるのです。

しかし、急な資金とはいってもどこから出してもらうかが問題です。自分の預貯金でなんとかなるのならば、問題はありません。自分の預貯金がほとんどない場合、または今すぐには下ろせない事情がある場合などには、別の手段でお金を調達しなければなりません。

そうした場合に備えてカードローンがあるのです。カードローンを契約しておけば、必要な時に近くのATMからお金を引き出すことができます。コンビニでも大丈夫です。もちろん借金ですから返済はしなければなりませんが、月々に分散すればさほど大きな金利が付くわけでもありません。

カードローンは、消費者金融や銀行などから発行されています。どちらで契約する場合でも、審査があります。審査に合格した人たちだけが契約できるのです。

よく言われるのは、夜の仕事の人たちは審査で落とされる、と言う噂です。世間で認められる昼の会社員と比べると、異色の仕事なので、収入も不安定に見られがちだからです。

確かに住宅ローンなどのように、返済に何十年という年月を前提としているローンの場合は、難しい可能性もあります。しかし、カードローンの場合は、基本的には数万円から数十万円を借り入れて、これを毎月少額ずつ返済して短期間で完済すると言う性格の借金なので、夜の仕事だからと言って契約できないと言うわけではありません。

カードローンの審査で最も重視されるのは、そういう意味では近い将来の収入の安定性です。夜の仕事であろうと、毎週定期的に勤務して、なおかつ収入の額に関わらず安定性があるならば、消費者金融などでは契約を断る理由もありません。むしろ新規顧客として歓迎されるでしょう。

ただし、審査の過程でブラックの判定が出た場合には別です。近い過去で債務整理などを行っている場合には、その情報が消滅するまでの数年間は契約ができない可能性もあります。
(⇒消費者金融ブラックを回避する方法ってあるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.