消費者金融2社までは多重申込みではない?

キャッシングベスト3

消費者金融の申込みは2社目までは申込みブラックと呼ばない?

消費者金融に何社も申し込むと申込み履歴が信用情報に残ってしまい、申込みブラックになると聞きました。2社までなら履歴にのらないのは本当ですか。

申込みブラックとは多重申込みの事、何社でも履歴には残ります

消費者金融などで借入れを申し込む時、もしかして審査に落ちるかもわからないから何社か同時に申込んでおこう。そんな風に考えた事はありませんか。申し込むだけなら構わないだろう、そう思いがちですがこれがとんでもない落とし穴なんです。

消費者金融などに申込むと、その会社は信用情報機関に申込みがあったことを報告し信用情報を照会します。ここで信用情報機関にどこの会社でいつ申込みをしたという履歴が残ります。複数社に申込むとその都度情報に記載されます。

2社くらいならまだ良いのですが、それ以上になるとこの顧客はあちらこちらでお金を借りなくてはいけない位困っているらしいと思われてしまいます。
(⇒消費者金融を併用することはできるの?

きちんと返済してくれないかもしれない。そんなリスクを背負ってまで融資をしてくれるほど、消費者金融会社は甘くはありませんよ。いったんそういったマイナス履歴が残ってしまうと6か月は消えません。

多重申込みと決められるのは3社以上の申込みが多く、2社までは多重と限定されない事が多いです。2社を超えて申込むのなら1カ月以上あけて申込むようにして下さい。

不安なら申込みの前に各消費者金融会社のホームページで行える簡単診断で試してから本審査をされると良いでしょう。簡単診断では個人を特定せずにおおまかに借入れが可能かどうかの目安に出来ます。もちろん信用情報にも履歴は残りませんよ。

簡単審査と、もし本審査で通らなかった場合6か月以上あけて別の所に申込む、それが多重申込みを回避する方法です。くれぐれもどれかに引っかかるだろうなどと安易な気持ちで申込んだりしないように気を付けて下さい。

【参考ページはこちら】
消費者金融の申込み、数社で借りることはできる?

2社目の消費者金融へ申し込む際のポイント

消費者金融を2社利用すると総額として大きなお金を借りやすくなります。1社で大きな限度額を持つことは審査の基準が高くなるので難しくなりますが、2社で小口限度額を2つ持つほうが簡単なケースは多いです。

2社目の消費者金融へ申し込むにはいくつかポイントがあります。最初に知っておきたいことは2社目の審査では1社目の借入状況や限度額がしっかりと考慮されるので、その状況次第では審査に合格することができません。1社目の限度額が低く一切その限度額からお金を借りていない状況が最も合格率が高いといえます。

消費者金融には収入証明不要で申し込める会社がありますが、こうした会社を2社目にして収入証明不要で申し込む場合、利用条件はしっかりとみておかなければなりません。大抵、他社と総額していくらの限度額までなら収入証明不要と記載されているので、その総額を超えるなら収入証明は必要になります。

上記のように合格しやすい状況や気を付けておきたいポイントがあるので覚えておくとよいです。また、収入がしっかりとある人の場合は結局は総額でいくら借りれるのかは年収次第です。総量規制から考えても年収の3分の1以上は借りれないので、この点も覚えておくとよいです。

最後に複数社からお金を借りようと考えている人に参考情報を紹介しておきます。お金を借りるときに複数社を利用すると総額として大きなお金を借りやすいことは確かです。

しかしながら、金利面を見ると損をすることは避けられません。金利は各社において限度額に応じた適用利率があります。通常、複数社を利用する人は小口で借りることが一般的です。そうしなければ審査に通ることが難しいからです。

総額で100万借りたい時、50万を2口に分けると双方の金利は必ず上限利率が適用されるので大体18.0%になります。しかし、1社で100万円の限度額を持つことができると適用利率は18.0%よりも下がります。結局1社で借りるほうが利息はお得です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.