消費者金融のみねのってどんな会社?

友達が「昔、みねのっていう消費者金融を使った人がとんでもないトラブルに巻き込まれたらしいよ」ということを言っています。私もそんな会社は名前も聞いたことがないので、調べてみたら黒い噂ばかり出てきました。やっぱり、そんな噂が絶えないことが多いから、得体の知れない消費者金融からお金は借りないほうがいいですよね?

お金を借りるときは得体の知れるところから借りましょう

みねの、って聞きなれない名前ですよね。そこで、この会社がいったいどんな会社なのかについて調べてみました。調べた結果は・・・「あまり利用しないほうがいい会社だった」ということです。「少しでも返済が遅れると取り立てがやってくる」「とにかく全てが最悪」「すぐに給料が差し押さえられる」などと散々な書かれかたです。

とはいえ、そういう経営をしていたら利用者が寄り付かないのも当然のこと。現在、この会社は倒産して廃業してしまっているようです。大手の消費者金融で融資を断られた人がこういった会社を頼ってくるようですが、もちろんそこには落とし穴があります。「違法スレスレ、もしくは明らかに違法な状態で営業を行っている会社」があまりに多いのです。

よく、漫画で「借金の取り立てがやってきて夜も眠れない」というシチュエーションがありますが、そのシチュエーション通りの現実が待っている、といっても過言ではありません。ただ、早かれ遅かれ、そういった会社はいずれ営業に行き詰まり、倒産する=潰れるのです。言うまでもない事ですが、お金を借りる、というのは何かと不安がつきまとうものです。

貸してくれる側の消費者金融会社がちゃんとしていなければ、安心してお金を借りることはできません。他社での借入状況次第ですが、消費者金融を使ってお金を借りるなら、できるかぎり大手の安心できる会社を選ぶことが一番大事になるのです。目先の条件に飛びつくことなく、ちゃんと自分にとつていい会社かどうか考えてみましょう。

【参考ページはこちら】
メガバンクと消費者金融の関係ってどうなってる?

九州にある中小消費者金融のみねのならあなたでも融資可能かも

もしお金を借りる必要があって、金融業者から借りるということになった場合、まず頭に浮かぶのがテレビでコマーシャルをやっている大手の消費者金融の会社ではないでしょうか。大手では多くの街で無人の機械での申し込みや、即日の融資など、一見すると手厚い、そして便利なサービスで借りやすいというイメージがあります。

しかし、大手ほど、規則やマニュアルでがんじがらめで、まったく融通が利かないということがほとんどではないでしょうか。

例えば大手では必要な書類が少しでも足りなければ審査に通りませんし、他のところからの借入額によっては審査に通らない、または貸してくれたとしても非常に小額だったりします。いま、これだけ借りられれば立て直しができるという場面でも助けてくれるとは限らないのです。

そんなときに手を差し伸べてくれるかもしれないのが中小の消費者金融です。金利が大手に比べて高い、即日の融資ができないなど、大手に比べてデメリットがある場合も多いですが、きめの細かい、人と人との対応をしてくれるのは大手ではなく、中小の消費者金融です。(こちらもご参考に→中小消費者金融でも安全に借りられる?

みねのは大分にある正規の消費者金融会社です。正規のという意味は闇金などではないという意味です。九州にお住まいならその名前を聞いたことがあるかもしれません。

自己破産をした経歴のある人や、ブラックリストに載っている人にでも融資をしてくれる実績があり、多くの人を救ってきました。電話をしてみれば大手との違いに気がつくと思います。大手のようなロボットと話をしているような苛立ちを感じることはないでしょう。

そこには昔ながらの古きよき金貸しのイメージです。金融の原点は困っている人にお金を一時的に助けるということではないでしょうか。みねのはそんな当たり前のことができる会社です。もちろんすべての人に平等に対応できるとは限りません。借りたものは返すというのは社会の常識です。その可能性さえ証明できれば借りることができるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.