消費者金融で断られた場合にやるべきこと

キャッシングベスト3

消費者金融で断られた場合何をすればいい?

お恥ずかしい話なのですが、この前、ある大手の消費者金融の会社に融資を申し込みました。結果は・・・断られてしまいました。正直、ショックです。お金がかかるイベントのときに頼ろうと思っていたのに。自分でもいろいろと断られた理由を考えてみたんですが、イマイチ釈然としません。落ち込んでばかりいても仕方がないので、これからすればいいことを教えてください。

自分の今までの申し込み状況を考えて見ましょう

大手の消費者金融に申し込みをして、申し込みが通るのはどれぐらいの確率だと思いますか?なんと、半分近くの人が断られてしまっているそうです。「他社での借入件数が多い」「延滞があった」など、断られる理由はたくさんあります。信用情報機関に事故情報が記載されている、つまりブラックリストに載っている場合だと、かなり厳しいようです。

そこで、1つの消費者金融会社で断られた場合、他の消費者金融会社に申し込みをすることが考えられます。しかし、断られた理由によっては次の会社でも申し込みを断られることがあります。大手の会社は審査が厳しいので、複数の会社に申し込んだ、という履歴を重要視します。「そんなにお金に困っている人にはお金を貸せない」というのが本当のところだからです。

そこで、大手でダメなら中小の消費者金融会社に申し込みをすることになります。中小の消費者金融会社は大手に比べると審査基準が甘いところが多いからです。でも、こういった会社でも信用情報機関に登録されている情報次第では、融資を断られる可能性は多分にあります。

そうなった場合、おそらく自分の手では返済できないほどの債務になっていることも考えられるので、債務整理や自己破産も視野に入れて動いたほうがいいでしょう。消費者金融からお金を借りる場合は、まず、自分自身の今までの履歴を振り返り、それにどう対処していけばいいのか冷静に考えてから申し込みに踏み切るのが賢いやり方です。

【参考ページはこちら】
消費者金融に申込みをしたい方におすすめ記事

消費者金融で断られた場合はどのようにすれば良いのか

消費者金融ではカードローンなどの申込みをすると審査が行われます。この審査に通る事でカードローンを利用する事が出来るわけですが、審査に通らない場合などでは、他の消費者金融の申込みを考えるケースが多くなります。

消費者金融で断られた場合、現在の状態を十分把握した上で申込みをする事が大切です。ブラックリストに掲載されている状態では、何度審査を受けてもその都度断れてしまいますし、申込みを行う事で個人信用情報には申込みの記録がその都度残されることになります。

また、年収の3分の1を超える借金が有る場合等でも審査に通る事は有りません。

消費者金融で申込みを行って断れる原因と言うのは、ブラックリストに掲載されている状態であることだけではなく、総量規制により年収の3分の1を超える、もしくは年収の3分の1に達する金額の借金を抱えている場合、申込件数が短期間に4社以上有る場合などになるのです。

年収に対する割合は総量規制によるものなのですが、自己申告をしなくても個人信用情報を照会する事で明確になります。また、借金をしている人などの場合は、遅延を起こしていたりすると、その情報が個人信用情報に記録として残されていますので、申込に行った際に消費者金融の担当者が個人信用情報を照会する事で明確になるのです。

遅延と言うのは返済期日を遅れて返済を行っている事で、これを長期間行わない状態を延滞と言います。

延滞の履歴についても個人信用情報に記録が残されますし、延滞はブラックリストに掲載されていると言う状態になりますので審査に通る事は無いのです。

尚、ブラックリストに掲載されている状態でなくても審査に通らない事もあります。先ほど説明を行ったように、年収の3分の1を超える借金が有る場合や、それに近い場合などです。

また、申込み金額が高額などの場合も審査に通る事は難しくなり、断れる事になります。
このようなケースで消費者金融で断れた場合は、1か月の中で申込を行うのは3社までにとどめておいて、暫くしてから申込みをすると言う方法や、借金の額を減らす事などが重要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.