消費者金融から電話がある時は個人名でかかってくるって本当?

消費者金融から電話がかかってくる時、個人名でかかってくるというのは本当ですか?そうしてもらうと確かに助かるのですが、でも、自分が電話にでることが出来なかった時があっても大丈夫なのでしょうか。

ご心配はいりません。あらゆる状況を考えています

消費者金融の会社に限らず、銀行や信金・信組などでも例えばカードローン等を申し込む際、勤務をされている方には基本的に在籍確認の電話がなされます。昨今では、在籍確認の電話はどちらの消費者金融の会社においても、個人名でかかってくることがあたりまえと言って過言ではありません。そのような気配りによって、利用者の方のプライバシー保護に努めています。

ご本人がたまたま不在で他の方が電話をとられたとしても心配はありません。あなたの会社の方が「どちらの○○様でしょうか」とか「どのようなごようでしょうか」という問いかけをしたとしても、消費者金融会社の担当の方もそこは心得ています。機転をきかせて切り抜けてくれます。

窓口や無人契約機で融資の申込みの時、心配になった方が担当者に相談したら、不在だった場合どのような会話の流れにするのかあらかじめ打ち合わせをしてくれたという話もあります(無人契約機はオペレーターの方とインターホンで対話しながら手続きをすすめます)。

ご本人が電話にでられた場合でも、内容はいたって簡潔です。「先日はお申込みいただき、ありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします」概ねそのようなものです。

このような工夫で利用者の方と気持ちの良い取り引きを実現しているということです。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するオススメQ&A

カードローン審査。消費者金融から個人名で勤務先に電話が来ます

急にお金が必要というときに、手元に現金もなくて、預金口座にもほとんど残っていないという時は、あなたはどうしますか。特に会社の後輩らに食事に誘われた時など、致命的ですよね。後輩にごちそうになるわけにも行きません。むしろ、誘われたとしても、先輩である以上は多少余分にただないといけません。後輩に、お金がないとは言えません。

そんな時にはカードローンの契約があるととて便利です。カード一枚い持っていれば、食事に行く直前にコンビニのATMで手軽にお金が借入れすることができるからです。借りたお金は、少々の金利を付けて翌月から少しずつ返済していけばよいのです。

とても便利なカードなので、使うか使わないかに関わらず、今や多くの人が契約をしてカードを一枚財布の中に入れていると言います。しかし、便利なのは良いのですが、契約するには審査に合格しなければなりません。
(⇒消費者金融の審査基準ってどうなってる?

審査は、仮審査と本審査の二種類があります。仮審査は、あなたの年収や勤務先、他社からの借り入れ状況などが機械的に判定されるもので、基本的にはも申し込み者の自己申告に基づく情報だけを頼りに審査されます。

本審査は、過去の借金の状況が調べられます。債務整理などの大きな金融事故がないかどうかなどです。また、申し込んだ消費者金融などから勤務先に電話がかかってきます。自己申告してある勤務先に、本能に申し込み者が勤務しているか、ということを確認するためです。

勤務先への電話のことを、在籍確認と言います。この電話で、借金のことが勤務先にばれてしまうのではないかと心配する人も多いのですが、その心配はありません。消費者金融の担当者は、個人名で電話をしてきます。そして、借金の話などしません。あなたがいるかどうかだけ確認します。

たとえば、電話に直接あなたが出れば、それで在籍確認は終了です。他の人が出ても、只今外出しておりますなどと応えてもらえば、それで終了です。外出していると言うことは、普段はそこで働いていると言う証拠なのですから。

以上の経緯を経て審査が終了します。特に問題がないならば、数日内にはカードが発行されます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.