消費者金融に就職は影響するの?

僕は大学4年生です。就職先も決まったし、大学の単位もちゃんと取り終えました。この先、何もなければ卒業確定です。卒業まで、今までできなかった遊びをしておこうと思います。そこで、何かとお金が必要になるのでアルバイトをがんばっているのですが、足りない分は消費者金融で補おうかと思っています。ここで、内定先の会社を勤務先として書くのはやめたほうがいいですか?

やめておいたほうが無難です

消費者金融を利用する人の中には、「就職が決まっている(=内定を頂いている)けど、今はまだ働いていない(もしくはアルバイトをしている)」という人がいるでしょう。では、「就職が決まっている」というだけでは、消費者金融を利用するにあたりプラスに働くのでしょうか。答えは、「それだけではプラスに働くとは限らない」ということです。なぜそうなるのか、説明しましょう。

大抵の消費者金融では、借り入れの条件に「アルバイト、パートも含めて働いていて、継続活安定した収入があること」を掲げています。これは、「お金を貸してもちゃんと返ってくるか」ということを重要視しているからです。

そこで、「内定をもらっているのは働いていることになるのか」という疑問が浮かび上がってきます。残念ながら、内定をもらっているだけでは、働いていることにはなりません。雇用契約を正式に結んでいるわけではないからです。

この時点で大抵の会社では借り入れを断られてしまうでしょう。それでも、中には、「内定した会社の内定証明書があれば、借入可能」としている業者もあります。ここで、もう一つの問題点が浮かび上がってきます。

いざ借り入れの申し込みをしたところで、在籍確認はどうするのか、という問題です。消費者金融では、在籍確認といって、勤めている会社に電話をしてその人が本当にその会社にいるかどうかを確かめます。

内定先の会社にも当然そのような電話がいくわけで、ひょっとしたら内定した会社に消費者金融を使おうとしていることがバレてしまう、というリスクもあります。会社によっては、トラブルのもとにもなりかねません。そのため、消費者金融を使うときはアルバイトをしている状態で申し込むか、使わないでアルバイトを一生懸命するかなどの方法を考えたほうがいいでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用しやすい職業ってあるの?

消費者金融の利用が就職に影響するのか考える

多くの人が何らかの融資を利用していますが、特に消費者金融は利便性にも優れていることもあり、キャッシング用のカードを持つ人は少なくありません。

安定した収入のある方ならパートやアルバイトの方にも利用でき、社会人の方はもちろん、学生の方にも利用されて入る方はいらっしゃるものです。(こちらもご参考に→未成年でなければ学生でも借り入れできる?

目的別のローンよりも手続きも簡単に行えますし、審査も融資が迅速で、来店なしでも借入や返済ができるなど利便性に優れたサービスとなっていますが、かつてはかなり高金利で融資をしていたこともあり、過払い金問題などのトラブルがあった時代もありました。それゆえに、今でもそうした借入にはあまり良い印象を持たない方もいらっしゃるものです。

そして、就職をするときは、消費者金融の利用が何らかの影響があるのではと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。金融機関のほうでも、プライバシーの保護はしっかり行われていますので、借入をしていることは他人に知られることはほとんどないと言えます。

借入をしている方で、延滞などが起きている場合は、個人情報機関にその情報が掲載されてしまう場合もありますが、一般的には会社では採用する際に、信用情報機関に問い合わせるということはありませんので、影響はまずないと言えるでしょう。

信用情報機関への個人情報の照会は原則として本人しか行えないこととなっています。それからすでに会社に勤務されている方も、もし借入があることが発覚しても不当に解雇されるということはありません。

就職にはまず影響がないと言える消費者金融の利用ですが、遅延や不払いなどを繰り返していると、何らかのトラブルが発生する可能性もありますので、返済計画をしっかり立てて、順調に借金を返済していきましょう。

例えば、自己破産などを行うと、一部の職業の人は資格や仕事に制限が出てしまいます。それゆえに、消費者金融の利用については問題がなくても、あとの返済で困るようなことは避けておきたいところです。
(⇒破産してても使える消費者金融の口コミはホント?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.