年金を担保にお金を借りることができるか

キャッシングベスト3

年金を担保にお金を借りることってできるの?

年金を担保にお金を借りることってできるの?

ちょっとお聞きしたいことがあるので、失礼しますね。私現在、主人ともども夫婦ふたりで年金をいただいて生活しております。

主人が頑張ってくれたおかげで、持ち家の維持は楽ですし、多少の蓄えもあるのですが、少し先にまとまったお金が入り用になる用事があるので、困っているのです。

そこで、なんとか年金を担保にしてお金を借りることができないかと、お恥ずかしながらお知恵をお借りしたいと相談させていただいております。

主人も仕事一筋の人で、私もぱそこん? といったものには疎い生活を送っていたので、困っております。どうかお知恵をお貸しくださいませ。

年金を担保にしてお金を借りることは、できます!

年金を受け取って生活しているということは、それだけの年月しっかりはたらいて年金を収めてきたということですから、とても素晴らしいことですよね。ぜひとも胸を張っていただきたいです。

さて、ご質問の件は年金を担保にしてお金を借りることはできるかどうか、ですね。もう結論はお伝えしましたが、可能なのかどうかで言えば、大丈夫、可能です。

ただ、年金を担保にしたい、という場合のローンはいくつか注意点がありますので、この場でお伝えさせていただきますね。

まず基本的に、通常のローンやキャッシングを行う際、年金を担保にすることは法律上認められておりません。では、いったいどこが、どうやって融資してくれるのか?

その答えは、独立行政法人である福祉医療機構、もしくは日本政策金融公庫という公的機関がお金を貸してくれるようになっているのです。

厚生年金をはじめとして、しっかり老後の対策を行っていない限り、年季だけで働いている時と同レベルの生活を維持するのは大変です。

ですので、年金受給者といえど、お金が入り用になることは、国も当然想定しています。そんな時に頼ることができる、いわば救済措置が年金担保ローンなのです。

年金担保ローンは、その名の通り受給している年金を担保にし、融資を受けることができます。額は10万円から250万とかなり余裕があります。他にもいろいろと決まり事がありますが、それは実際にご確認していただくとしましょう。

大切なのは、年金受給者でもローンは受けられる、という事実です。

そして、日本政策金融公庫、通称国金でも年金対象者のためのローンを行っています。恩給・共済年金担保融資というものなのですが、基本的な利用条件は先程の年金担保ローンと変わりません。

国金なので金利は低く、利用しやすいのが特徴です。

そして、年金を担保にお金を借りようとお考えなのであれば、くれぐれも悪徳業者や詐欺にはご注意ください。この二つの公的機関以外で、年金を担保にお金を貸すことは禁じられています。

具体的には、年金を担保にしてお金を借りられます! と話をしてきたり、年金手帳や通帳、もしくは印鑑などを預けていただいて、などのむちゃくちゃな条件を言い出すところは間違いなく詐欺です。

年金は、基本的に支払った人が受け取ることのできる権利の一つです。不正な悪事に巻き込まれないよう、お金が入り用で焦っていても、国の機関を頼ることを覚えておきましょう。

少なくとも、国金と福祉医療機構、このどちらかを利用しない限り安心はできません。こうした国の機関が、直接お金を貸しますよ、とやってくることもありませんので、ご注意を。ご自身の財産を守って、正しくお金を借りましょう。

年金を担保にお金を借りる方法

高齢になってくると、病院へ行く機会が圧倒的に増えてきます。そして、65歳以上の高齢者は毎月の医療費や生活費などを貯金や年金などからまかなっています。

そうした老後の生活の中で、「お金が必要」になる場面もあるかと思います。

そこで、「年金を担保にお金を借りる方法」についてお話していきたいと思います。

まず、お金を借りるには、「安定した収入」が必要です。すると、「年金は安定した収入にあたるのか」という問題がでてきます。

実は、年金を安定した収入と認めている金融機関も一握り存在します。ですが、ほとんどの金融機関では年金を安定した収入とは「認めていません」。

しかし、年金受給者の生活の中で、一時的にお金が必要で借りなければならない状況がでてくるケースがあります。そうした年金受給者のために、「年金担保融資制度」というものが発足されました。

年金担保融資制度とは、各種年金の受給者が、受け取る年金を担保に、融資を借り入れすることができる制度のことで、小口融資を低利で借り入れすることができ、年金による収入を返済に当てることができます。

つまり、この「年金担保融資制度」を利用することで、年金を担保にお金を借りるができるということです。

そして、年金担保融資制度は、「独立行政法人福祉医療機構(WAM)」という機関にて、受けることができます。

独立行政法人福祉医療機構(WAM)では、年金を担保にお金を借りることができる唯一の機関です。一般的に、年金を担保にお金を貸し付けることは禁止されているのですが、こちらの機関ではそれが認められているのです。

余談になりますが、独立行政法人福祉医療機構(WAM)の創設は、年金受給者が悪質貸金業者いわゆるヤミ金を利用したことで、生活が危機的状況に陥ってしまうケースが多々あったため、そうした事態の改善を目的として平成15年10月1日に創設されました。

そして、独立行政法人福祉医療機構(WAM)では「年金担保融資事業」という事業を行っており、こちらへの申し込み方法は、年金を受け取っている、独立行政法人福祉医療機構「代理店」と表示のある銀行などの窓口にて申し込みをすることができます。

そして、申し込み後に必要とする金額が指定口座に振り込まれます。

返済に関しては、独立行政法人福祉医療機構(WAM)が年金を支給している機関から受け取ることで返済が成立します。

このように、独立行政法人福祉医療機構(WAM)を利用する事で、「年金を担保にお金を借りることは可能」になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.