個人事業主向け消費者金融で良心的な所があれば教えて下さい

個人で事業を行っています。急に融資が必要になったのですが個人事業主でも借入れ可能な消費者金融があれば教えて下さい。

事業者ローンなら総量規制例外!柔軟な消費者金融も多いですよ

消費者金融会社は個人向け小口融資を主にしており、自営や事業主への貸付はほとんど行っていなかったので事業主さんは商工ローンで資金調達を行ってきました。

最近では個人事業者専用に小口融資を行ったり柔軟に融資を検討する消費者金融会社も増えてきました。特に個人事業者も申込める自営業専用ローンは総量規制例外となる場合もあり、担保保証人も不要です。

消費者金融でも大手の消費者金融から中堅所の消費者金融まで自営業者申込み可とある所は個人事業主でも申込み可能です。(こちらもご参考に→消費者金融の審査は自営業者にとって厳しい?)各ホームページで確認して下さい。ただし消費者金融会社での借入れは総量規制対象となる為に50万円以上は収入証明書が必要な場合があります。また事業資金としての使用は不可としている所もあるので使用目的には注意が必要です。

個人事業者が消費者金融会社での融資を受けようとすると、個人にくらべて確かに審査も厳しくなる事が多いです。それでも消費者金融会社にも担保型ビジネスローンやフリーローンを低金利で扱っている所もあるのです。

銀行のカードローン、フリーローンと比べると消費者金融会社の方が柔軟に対応してくれるのも事実です。銀行での融資が不可だった場合でも消費者金融での融資を受けられる事がありますので、各消費者金融会社のホームページで金利、返済などをしっかりと確認した上で申込んで下さい。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用しやすい職業ってあるの?

個人事業主向け消費者金融は総量規制適用外

消費者金融でお金を借りる場合には総量規制という決まりがある為に、年収の1/3までしかお金を借りる事が出来ないようになっています。一方銀行でのカードローンは総量規制が適用されないのでそういった制限を加えられてはいません。

消費者金融では一律この規制の範囲内での利用しか出来ないのかと言えば、一定のローンについては例外もあります。その中の1つが個人事業主向け消費者金融商品です。個人事業主とは法人としての登録をされていない方で、自分一人で事業を行っている方を言います。

個人事業主向け消費者金融商品を取り扱っている消費者金融ならば、既にその貸金業者でキャッシングをしている時でも、このローンに借り替えをする事も可能となっています。

また他社でキャッシングを既に行っていて、総量規制の枠となる年収の1/3を超える借入金となっている個人事業主の方でも、個人事業主向け消費者金融商品を利用する事で貸金業者が決定した借入限度額までの融資を受ける事が出来ます。

勿論まだ何処の貸金業者も利用をしていないという方や、他社でキャッシングを行っていても年収の1/3に達していないという個人事業主の方は、個人事業主向け消費者金融商品ではなくフリーローンの利用をする事も可能です。その場合には収入を証明する書類が必要となる場合もあります。

通常のキャッシングの申込みには身分証明書の写しが必要となりますが、個人事業主の方が個人事業主向け消費者金融のローンを利用される場合には、それに加えて直近1期分の確定申告書が必要となるので写しの用意が必要となります。また借入金が100万円を超える場合には、青色申告や白色申告の決算書類の写しが必要になるようです。

勿論、個人事業主の方でも消費者金融のフリーローンを利用する事はできます。利用の使途については事業用の資金の他に生活費としての利用も可能となっているので、事業主の方にとってこういった専用ローンは便利な商品と言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.