自宅で自営業をしてるんだけど、消費者金融

キャッシングベスト3

自宅で自営業をしてるんだけど、消費者金融って申し込める

自宅で自営業をしてるんだけど、消費者金融って申し込めるんでしょうか。実は20万円程度のお金が急遽必要となりました。出来るだけ早いうちに契約をしたいと思っているのですが、自営業はなかなか契約し難いというようなことを聞いたことがあります。これって本当なんでしょうか。

消費者金融に借り入れするのは初めてですし、かなり不安があります。かといってすぐにでもお金が必要ですので、出来るだけ審査が簡単で、即日融資をしてくれるような消費者金融を探しています。自営業でも貸してくれそうな消費者金融はどのようにして見付けたらら良いでしょうか。

ネット検索でいっぱい出てきますよ

確かに自営業では消費者金融と契約し難いというのは本当のことです。自営業だとどうしても収入面で安定していませんし、次の日にどうなるかわからないような不安定な部分が多いので、消費者金融に申し込んでもなかなか可決しない場合が多いようです。

ただ、自営業でも借りやすい消費者金融というのは案外たくさん存在しているもんなんです。借り難いと思っていっても自営業者に対して貸している消費者金融も結構あり、それらの会社名はインターネットの検索でいっぱい出てきます。

大手の消費者金融などはちょっと難しい場合もあるようなのですが、あんまり有名ではない消費者金融ならば審査に可決する場合も結構あるようです。(こちらもご参考に→審査に受かりやすい消費者金融ってあるの?

自営業は絶対に借りられないなどと諦めないで、こまめに検索すると自分に合った消費者金融が見つかる可能性がありますよ。いろいろと条件があったりするかもしれませんが、それらをすべてクリア出来るのであれば案外簡単に即日借り入れ出来ることがあるかもしれません。

現に、インターネットの金融掲示板では自営業の人でも借り入れに成功している人たちが書き込みを行っていたりしますので、是非、それらの体験談を読んで参考にしてみてください。

自宅で自営業。消費者金融からの借り入れには信用が大切です

消費者金融でお金を借りるとき、会社員なら、勤務先への「在籍確認」があります。自営業者の場合は、どうなるのでしょうか。

お店や会社を構えている場合なら、自営業でも「在籍確認」のように、確認をすることはできます。けれども、個人事務所であったり、自宅を職場にして働いている場合は、ほんとうに自営業をしているのか、確認をとるのは難しいです。

そこで、昨年度の確定申告書などで営業実態があるかどうかを調べる場合が多いようです。借り入れを申し込む際には、事前に確定申告書を用意しておき、「前年度の確定申告書の控えをご用意できますか?」と聞かれたら、「はい、用意できます」と答えられるようにしておきましょう。

自営業者が消費者金融から借り入れをするとき、安定収入や信用の証明が難しいのです。そこで、「信用を作って」おきましょう。信用を作るには、まず小額を借り、それをちゃんと返済することが有効です。

きちんと返済している実績が重なれば、それが信用になります。借り入れが必要なときは、消費者金融会社を一つに絞って、そこで信用を作ることです。

また、自営業者の場合、個人の借り入れと、事業資金としての借り入れは、別なものとして扱われます。

借り入れに関しては、総量規制ができたために、個人の借り入れの限度額が決まっています。個人が無理な借金をすることを抑えるために、借り入れ金額を年収の1/3以下に抑えるという規制です。

消費者金融からの借入残高が、年収の3分の1を超えていると、新規の借入れをすることはできません。さて、ここで総量規制の「意味」を知っていることがポイントになってきます。

個人がレジャーなどで借り入れを申し込んで借りたお金は、あくまでも個人としてのものです。
事業資金とは、みなされません。

つまり、総量規制によって、個人の借り入れができない状態であっても、事業資金は借り入れができるのです。ただ、ここでも重要なのは信用ですが、ここで必要なのは、事業の信用です。事業資金の審査は個人の借り入れに比べて厳しいといわれています。

ここでも、無理をせず、信用を失わないように返済して行くことが、いざというときの借り入れが出来るかどうかにつながっていきます。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用したい自営業者の方にオススメ記事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.