消費者金融の審査に通りやすい人ってどんな人?

消費者金融の審査に通りやすい人ってどんな人?

消費者金融に申し込み、2件落ちて1件通った。3社とも大手と言われるくらい知られている消費者金融だが落ちた理由と通った理由が分からん。借りられたので問題はないのだが何を見て判断しているのだろうか、と気になっただけだ。

俺の場合はインターネットでの申し込みでは落ちると思い窓口で申し込んだのが吉と出たのだと思う。運よく借り入れができたのだからラッキーだ。落ちて元々と諦め半分ではあったしな。本当にラッキーだ。

いや、こちらの事情を長々と話しても仕方がないな。気分を悪くしたら申し訳ない。

では早速質問したいのだが審査に通りやすい人とはどのような人なのだ?逆に通りにくい人についてでもいい。今後のためにも知っておきたいので教えていただきたい。よろしく頼む。

短期間に複数の業者から断られておらず延滞がない人は通りやすい

では返答しよう。だがその前に私の口調はあなたに合わせているだけで本来とは違うということは前もって言っておく。

審査に通りやすい人は綺麗な人だ。見た目ではない。誠実な人という意味だ。ここは意外と大事なポイントであるがあなたには関係なさそうだ。信用情報だけでなく人柄も見ているということは覚えておくといい。

その他にも一般的によく言われるポイントとして、総量規制は前提として、直近2~3か月以内で金融機関への申し込みで落ちていないかということと、支払いの返済を怠っていないかということがある。

支払いの滞納は言うまでもない。もう一つの「金融機関へ何回も申し込んだが落ち続けている場合」について言えば、まともな審査をせずに落とされることもあろう。ほかの幾つもの金融業者がダメだと判断したのだ。調べるまでもない。そういう意味ではあなたが3件中1社受かったのは本当にラッキーだと思う。

あなたは一日で3件を回ったのではないかと考える。そしてそんなに大きな枠は通っていないのではないかと思う。何はともあれ、あなたの場合はただ運が良かった。それだけの話しだ。

おそらくだが、あなたが落とされた理由はあなたの態度か延滞や滞納を何度かしたことが原因だろう。反対に借りられたのは(本当に借りられたのであればだが)、その業者は人柄ではなく情報のみを見て、その情報が業者の基準を一応満たしていたからだろう。

精々誇るが良い。そして次に質問するときは口調に気を付けることだ。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査基準ってどうなってる?

消費者金融会社の審査に通りやすい人とは?

お金が足りなくなったら、どうしますか。こういった事態になったこともない人もいることでしょう。しかし、なってみると本当に大変なことなのです。食べるものや飲むもの、生活に必要なものも手に入らなくなります。生きてはいけなくなるのです。ですから、何らかの方法を考えなければなりません。

お金を調達するには、知り合いや身内から借り入れる方法もありますが、それは揉め事の原因になることもあるので、避けたいものです。そう考えると、ほかの金融会社から借り入れることができるといいでしょう。

ほかの金融会社といっても、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがありますが、わりと審査が緩く通りやすいのが消費者金融です。

消費者金融は、アイフルやアコム、モビットやレイクといったテレビコマーシャルでもおなじみの会社です。こういった会社のよいところは、即審査・即融資といったスピーディな対応です。

銀行やクレジットカード会社などの審査は厳しかったり、時間がかかったりするものですが、消費者金融ではすぐに対応してくれますし、銀行などで審査が通らなかった人でもたいていは通ります。
(⇒もし消費者金融の審査を断られたら何をすればいい?

特に通りやすい人は、定職に就いている人です。公務員や上場企業などで安定した収入を得ている人はすぐに通ります。派遣や契約社員であっても、年収が200万円程度ある人であれば、通るでしょう。また、主婦や年金生活者、無職の人でも、わりと通ったりするので、ハードルは低いのです。

しかし、年齢や今までのほかの借金の状況などで、通らない人もいるので、その人の審査の結果によります。

そう考えると、消費者金融はとても便利であり、利用しようと思えばかなり使えるものです。しかしながら、こういったキャッシングは借金の一つになります。ですから、それをいつも忘れないようにしなければなりません。あまりにも簡単にお金が手に入るので、つい借り過ぎてしまう人もいます。そうならないように計画的にお金を使うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.