消費者金融のワールドトラストって知ってますか?

消費者金融のワールドトラストってどんな会社ですか?評判はどうですか?教えてください!

知らない会社についてはまず登録貸金業者検索をしてみましょう

ご存知ですか?貸金業については金融庁か各都道府県への登録が必要です。その登録業者については金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで確認する事ができます。もしもこの検索サービスで検索されない貸金業者があった場合、まだデータ更新がされていない場合を除き「貸金業の規制等に関する法律」に基づく登録を行っていない無登録業者(いわゆる闇金)である可能性があります。

ではワールドトラストはどうでしょう?

実はワールドトラストという会社名は登録されていません。“ワールド”という名前の付くものや、“トラスト”という単語が含まれている業者はあるのですが、ワールドトラストでは1件も登録されていないのです。もしもあなたがワールドトラストという会社を利用して借入をしようとしているならちょっと待った方がいいでしょう。

ここで闇金に手を出すとどういった事が起こるのか紹介します。

まず金利です。闇金は貸金業で規定されている上限金利20%を無視して法外な金利を請求してきます。もともとお金に困っている人が利用しますからその法外な金利返済にすぐに苦しむようになり、また別の消費者金融に手を出します。

いわゆる多重債務者になってしまうのです。こうなると坂道を転がるように借金は増えていき、金利も払えないような状態に陥ります。最後は債務整理をするしかなくなり、あなたが築き上げた家族関係や友人関係、社会的信用を全て失ってしまうかもしれません。

登録の無い消費者金融を利用するのは絶対にやめましょう。やはり全国的に名前が知られている大手の消費者金融がおすすめです。また、借入をする時には返済の事をまず念頭に置いて無理のない利用を心がけましょう。

【参考ページはこちら】
闇金やブラック消費者金融、どうやって見分ける?

消費者金融ワールドトラストの魅力について

消費者金融であるワールドトラストは、元金保証、年利パーセントと、高利回りの資産運用を行うことができます。通常は元金が保証できないのが一般的となっていますが、元金保証型の金融商品を扱っており、注目を集めています。

そのシステムは、消費者金融会社にお金を貸し付けて、運用している点にあります。外国為替証拠金取引は高金利ですが、元金の保証は、流動性が高いためできないのが基本となっていますが、ワールドトラストの場合は、消費者金融への貸し付けのため、流動性が全くないため、元本が確定するのです。

更に、民法や、商法などで守られている債権者の権利というものがあるため、元本の金額を全額返済されるというシステムが守られているのです。具体的には、一口10万円から30万円という小口を、一般消費者に向けて18パーセントから29.2パーセントまでの高率で貸し付けを行い、平均の加重利息は24パーセントから26パーセントほどで運用されています。

また、年利5パーセントという数字を確立できているのは、独自の顧客情報網を持っていることがポイントのひとつとなっています。そのため、銀行とは異なり、倒産による貸し倒れが少ないために、高金利での運用が可能となっているのです。情報網としては、大手の銀行の10倍ほどの差があるとされています。

元金保証の、確定年利5パーセントの金融商品は、1口が100万円からとなっていますが、小額からのミニファンドもあるのが特徴となっています。また、資産運用でお悩みの方には、税理士や弁護士、司法書士や社会保険労務士などを紹介するシステムもあるのが特徴となっています。

高金利で、ドルが大きく下がった場合を考えると、外国為替証拠金取引を行うのは少し躊躇われるという方や、元本保証の金融商品を探しているけれど、安心して求められる場所が分からないという方などは、ワールドトラストの金融商品を検討されてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.