あおぞら銀行と消費者金融だったらどちら?

キャッシングベスト3

あおぞら銀行と消費者金融会社だったらどちらがいいと思いますか

20歳のOLです。入社して2人目です。最近、お給料日前になると金欠病になるのでカードローンを利用したいのですが、消費者金融会社でどこがいいかなと思っていたんですが、あおぞら銀行って名前の銀行を知りました。インターネット銀行だと聞きましたがどうなんでしょうか?消費者金融会社とどちらがいいんでしょうか?

あおぞら銀行はカードローンはありませんので消費者金融会社ですね

あおぞら銀行はインターネットバンキングで、全国各地にある本店・支店、あるいはネットバンキングで様々な金融商品を提供しています。ローンも扱っていますが住宅ローンとその他のローンですが個人向けカードローンサービスは提供していません。ですからカードローンを利用されるのでしたら最初は大手の消費者金融会社がいいでしょうね。

カードローンは、銀行、銀行系、信販系、消費者金融会社といろいろな金融機関でやっている個人向け融資で、無担保で保証人なしというのが特徴です。この中で金利が一番安いのは銀行で、次に銀行系、信販系、消費者金融と言う順番になります。

そして審査の厳しさは金利が安いほど厳しいと思っていれば間違いないでしょう。消費者金融会社の特徴は銀行と比べると借りやすいという点にあります。

特に大手の消費者金融会社は、かってサラ金と呼ばれていたことろ比べると、相次ぐ法改正によって金利が引き下げられています。最近では、大手の消費者金融会社なら100万円以内の金利は20%以下になっています。

これって住宅ローンとかに比べると高いんじゃないかって思いますけど、カードローンの金利は、有担保の金利とは違います。無担保で保証人なしでお金を借りる事の出来るメリットがあるのでその点をお客様が判断して上手に利用するのがカードローンです。

初めてですと解らない事が多いと思います。勿論、銀行でも銀行系でも、信販系でもご自由に選ばれたらいいでしょうが、消費者金融会社をお選びになる場合は、知名度もあって実績のある大手の消費者金融会社の方が安心ですね。

特に提携ATMが多いので、コンビニなどでも借り入れ、返済が出来ますから便利にご利用になれます。最初は、複数の大手消費者金融会社を検索して、金利や返済方法を見比べてお決めになるといいでしょう。

また、ご利用になる場合は無利息期間のあるカードローンをおすすめします。これは、借り入れしてから10日、30日とか言う具合に定められた期間内に返済すれば利息は無料になるという大変お得なサービスです。カードローンの申し込みに必要な書類は、利用限度額が100万円以内なら運転免許証だけで申し込む事が出来ます。

【参考ページはこちら】
その他の金融業者で借りたい方にオススメ記事

あおぞら銀行系消費者金融が楽天グループ化でパワーアップ

雑誌やテレビなどの広告でおなじみの一般の消費者金融業者のほかに、都市銀行や地方銀行でもカードローンやキャッシングをはじめとする同様のサービスを行っている場合が数多くあります。こうしたものは、銀行とはまったく別の消費者金融業者などと提携している場合のほかに、銀行がみずから子会社を組織してサービスを行っているような場合もあります。
(⇒銀行でも総量規制対象の場合は消費者金融?

東京都千代田区に本社があるあおぞら銀行も、かつて「あおぞらカード」という消費者金融業者としての子会社をもち、「あおぞらカードマイワン」というカードローン事業を展開していました。銀行系カードローンとしては最大級の融資枠があることで人気がありましたが、現在は楽天グループに買収され、新たに「楽天クレジット」としてスタートしています。

この楽天クレジットのカードローンも「マイワン」というブランドを引き続き使用していますが、融資可能枠は最大で500万円の水準を確保しており、他の銀行系と比べても借り入れにも大きなゆとりが生まれます。既存の複数のローンをまとめて完済を目指す、いわゆる「おまとめローン」にも利用できます。

また、個人向けのネットショッピング事業なども手がけている楽天グループの特徴でもある、インターネットを活用した手続きのムダやコストの削減によって、業界でも有数の4.9パーセントからという低金利を実現しています。金利の差は毎期の返済額に直結するものだけに、この点は大きなメリットといえますし、楽天グループ共通で使える「楽天スーパーポイント」も貯まります。

提携銀行や提携コンビニエンスストアなども全国で約8万台規模と豊富であることから、借り入れや返済も近くのCDやATMで自由に行うことができ、いざ出費が必要となったときに困ることがありません。

このカードはクレジットカードとは異なるので、入会金や年会費は無料であり、カードを所持しているだけでお金がかかってしまうということもありませんので、もしもの場合に備えてあらかじめ申し込みをしておくというのもひとつの方法です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.